世界三大銘茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

世界三大銘茶は、中国祁門紅茶(キーマン)、インドダージリンティー(Darjeeling)、スリランカウバ(Uva)の3つの紅茶の産地を指す。主に日本において高級紅茶に対して使われるキャッチコピーである[1]

茶葉の産地は、それぞれ中国の安徽省祁門県、インド西ベンガル州、スリランカウバ州である。キーマンは中国十大銘茶にも数えられる。どれも共通して標高の高い土地において独自の製法によって作られ、国際品評会などの場で認められた味や香りを持つ紅茶種を指す[2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 初心者必見!世界三大紅茶の違いや特徴 | 紅茶専門ページ | ピントル”. 株式会社PLAN. 2016年12月9日閲覧。
  2. ^ 紅茶の種類〜世界3大銘茶とその他の特徴”. 紅茶資格・検定ナビ. 2016年12月7日閲覧。