日本紅茶協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日本紅茶協会(にほんこうちゃきょうかい、英語: Japan Tea Association)とは、日本における紅茶業界団体1939年昭和14年)設立。紅茶メーカーや紅茶の輸入業者、紅茶生産国の在日政府機関などで組織されている。

協会概要[編集]

  • 本部所在地 - 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-5 東京茶業会館6階
  • 会長 - 柴田裕(キーコーヒー株式会社 代表取締役社長)

活動内容[編集]

  • 国内外の省庁・機関等との窓口業務
  • 紅茶の日(毎年11月1日)を中心とした宣伝・啓蒙活動、民間企業でのティーセミナーの実施、「おいしい紅茶の店」の認定制度
  • 「ティーインストラクター」資格認定制度の実施

会員[編集]

会員 (50音順)
賛助会員
  • アイマテック
  • ウェルストン
  • カワサキ機工
  • キョーワズ珈琲
  • タチバナ産業
  • テクニフラコンサルティング
  • フィスカーズジャパン
  • 仲井玄米茶屋
  • 不双産業
特別会員

沿革[編集]

  • 1939年(昭和14年) - 財団法人日本紅茶協会(旧)発足
  • 1971年(昭和46年) - 紅茶の輸入自由化が実施されたことを機に、日本紅茶協議会発足
  • 1983年(昭和58年) - 毎年11月1日を「紅茶の日」と制定
  • 1984年(昭和59年) - 日本紅茶協議会を改組、日本紅茶協会に改称

参考文献[編集]

  • 荒木安正・松田昌夫『紅茶の事典』柴田書店、2002年、p.168
  • 日本紅茶協会『紅茶の大事典』成美堂出版、2013年、p.271

外部リンク[編集]