台湾茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

台湾茶(たいわんちゃ)は、台湾で作られるの総称。

台湾独自のブランドである凍頂烏龍茶や、台湾特有の製法で作られる東方美人など台湾で作られる茶を台湾茶と呼ぶ。

種類[編集]

不発酵茶[編集]

半発酵茶[編集]

全発酵茶[編集]

花茶[編集]

茶道具[編集]

茶杯にも急須代わりにもなる蓋椀という茶器がよく用いられる[1]

台湾茶を、茶壺や茶杯といった道具を用いて味わうのが、工夫茶である[2]。工夫茶は、明代に起源を持つともいわれるが、盛んになったのは清代であるとされる[3]

引用文献[編集]

  1. ^ 「台湾で“美”を極める。 台湾 台北市 後編」『nd』118号, p.7
  2. ^ 「台湾で“美”を極める。 台湾 台北市 後編」『nd』118号, p.1
  3. ^ 稲垣正宏「17世紀の遺跡から出土する煎茶道具」西村昌也(編)『東アジアの茶飲文化と茶業』関西大学文化交渉学教育研究拠点, 2011年, p.208

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 日本台湾茶協会
  • 行政院農業委員会茶業改良場
  • 河原林直人、「戦時期台湾における包種茶輸出と商人活動 : 1937-1945年」『龍谷大学経済学論集』 43巻 2号 p.1-18 2003年, 龍谷大学経済学会, NCID AN10399457