台鉄弁当

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
台鉄弁当
TRA 1st Boxed Lunch Store 20130907.jpg
台北駅1階にある台鉄弁当本舖1号店
各種表記
繁体字 臺鐵便當/台鐵便當
簡体字 台铁便当/台铁盒饭[注 1]
拼音 Táitiě biàndāng
注音符号 ㄊㄞˊ ㄊ一ㄝˇ ㄅㄧㄢˋ ㄊㄤ
発音: タイティエビェンタン
台湾語白話字 Tâi-thih Piān-tong
日本語読み: たいてつべんとう
英文 Taiwan Railway Mealbox
テンプレートを表示
汐止駅で販売されている台鉄排骨弁当
台鉄排骨弁当の中身

台鉄弁当繁体字: 臺鐵便當)とは台湾鉄路管理局(台鉄)がおよび列車内で販売している駅弁で、現在は台湾鉄路管理局餐旅服務総所中国語版が経営を請け負っている。また、台湾高速鉄道の駅でも販売されている。中華民国交通部の統計によると、台鉄弁当の1年間(2015年)の売上は33億900万台湾ドルで、販売した弁当の数は1000万個に達している[1]

沿革[編集]

台中駅で販売されている台鉄排骨弁当

台湾における駅弁は日本統治時代からあり、鉄道乗車時における食堂車[注 2]以外の供食サービスとして開始された。

第二次世界大戦後、台湾を統治した国民政府台湾鉄路管理局を設立し、1949年民国38年)から松山駅台北駅台中駅高雄駅花蓮駅など5つの駅構内食堂の従業員による弁当車内販売を開始した[2]台鉄対号特快中国語版である成功号、銘伝号、平等号、莒光号自強号などの列車には食堂車が連結されていたが、同時に弁当、土産品飲料車内販売が行われた。しかし利益率が低いため、食堂車は後に廃止された。

第二次大戦後、駅弁販売業者に関する規制がなかったため、駅弁販売の個人事業者が徐々に増えていった。しかし、1960年に台鉄は「小營」部を成立し、駅弁販売業者を統合した。この後駅弁は、台鉄にとって鉄道輸送事業に次ぐ主要商品となっていった。

2000年6月9日、台鉄は32年ぶりに排骨菜飯弁当を6月9日の鉄路節に合わせて販売した。当初は限定1000個で売り出す予定であったが、販売開始の前日から行列ができ、わずか20分で完売した。そのため台鉄は追加販売を決定し、最終的に9万個以上の駅弁が追加で売り出された[3]

2003年1月、台鉄弁当は東京京王百貨店で催された元祖有名駅弁と全国うまいもの大会で販売され、15分で700個を売り上げた[3]。その後、台鉄弁当は2004年2016年にも同大会で販売された[4]

2013年3月9日JR北海道で運行されているSL冬の湿原号と、台鉄で運行されているCK124SL列車の姉妹列車締結1周年を記念して、釧路駅の駅弁調製業者釧祥館とのコラボ商品である、台鉄・北海道特色弁当(臺鐵‧北海道特色便當)が台北駅で発売された[5]。台鉄・北海道特色弁当は、(2016年5月)現在でも月曜日から木曜日の昼間に限り数量限定で販売している[6]

2015年2月26日、台湾鉄道と京浜急行電鉄の友好鉄道協定締結1周年を記念して、台鉄弁当の販売が行われることが決定した[7]。そのため、同年5月24日に行われた京急ファミリー鉄道フェスタ2015で台鉄弁当の販売が行われた[8]が、午前中で1000食が完売したため後日品川駅で販売を行った[9]

2015年7月、台鉄は国際駅弁祭り(國際鐵道便當節)を初めて開催し、台湾、日本、インドイギリスなど6か国11社の駅弁が販売された[注 3]。台鉄弁当は台北、台中、高雄、七堵の4つの工場が参加した[10][11][12]。この祭りに先立って、台鉄弁当は新たにトースト弁当を開発した。これは台鉄弁当に使用されている食材にフレンチトーストを組み合わせた弁当である[13][14]

また、台鉄弁当そのものではないが、台湾鉄道と東武鉄道の友好鉄道協定締結を記念して、東武スカイツリーライン浅草駅北千住駅駅売店スペーシアの車内販売において、台湾の駅弁をモデルにした「台湾排骨弁当」を発売している。イベント向けでなく、通常メニューとして発売されるのは初めてである[15]

特徴[編集]

台湾の駅弁は日本の駅弁と異なり、必ず温かい状態で販売される[16]。台鉄が販売している駅弁で最も有名なのは排骨弁当であるが、南北で付け合わせのおかずが異なる。台鉄弁当の基本的な構成は、大きな排骨(豚スペアリブの煮付け)と滷蛋中国語版(台湾風煮卵)1個、豆腐干1個及びご飯、そして沢庵漬け高菜などの付け合わせから成る[17]

台鉄弁当は、現在でも列車乗務員による車内販売が行われており、標準中国語あるいは台湾語によって販売されている。台鉄弁当の容器がステンレス製であった時期、乗客が弁当を食べ終わった後、容器は乗務員が回収し、洗浄後再利用していた。しかしほとんどの乗客が容器を持ち帰ってしまうため、その回収率は高くなかった。さらにステンレス製の容器はコストがかかったため、弁当の容器は木製に改められ、現在はさらに紙製の容器のものも販売されている。しかし近年のレトロブームの高まりを受け、台鉄はステンレス製円形弁当容器の駅弁を度々復刻販売している[18]

なお、台湾には台鉄自身が販売している台鉄弁当のほかに、奮起湖弁当[19][20]福隆弁当[21]池上弁当[22][23]などがある。

参考文献・出典[編集]

書籍
注釈
  1. ^ 弁当を便當と訳すのは台湾特有であり、中国では盒饭香港では飯盒と訳される。
  2. ^ 台湾で最初の食堂車は大正元年(1912年)に縦貫線の昼行急行列車に連結された「一等食堂車」であり、大正11年(1922年)にはさらに三等食堂車も連結された。これらの食堂車の運営は総督府交通局鉄道部の直轄ではなく、台湾旅行社に外部委託したものであった。
  3. ^ 日本からは姫路駅まねき食品日本レストランエンタプライズなどが出展した。
引用
  1. ^ 台湾鉄道の駅弁、昨年1000万個以上を売り上げ 副業収入6億円強増”. フォーカス台湾 (2016年4月16日). 2016年4月29日閲覧。
  2. ^ 台灣鐵路便當系列特展”. 2016年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月30日閲覧。 中華民国鉄道文化協会
  3. ^ a b 黄如萍 (2015年6月9日). “莫忘來時路/6月9日-懷舊便當熱賣15年(正体字中国語)”. 中国時報. http://www.chinatimes.com/newspapers/20150609000522-260109 2016年4月29日閲覧。 
  4. ^ 【第51回大会の目玉企画!】復活!「台鉄パイコー弁当」 京王百貨店BLOG 【駅弁大会2016】目玉企画
  5. ^ 北海道の味、9日から台湾の駅弁に登場”. エキサイトニュース (2015年3月6日). 2016年5月1日閲覧。
  6. ^ 臺鐵‧北海道特色便當 交通部臺灣鐵路管理局
  7. ^ 台鉄×京急 友好鉄道協定締結1周年記念 羽田空港国際線ターミナル駅に台湾・台鉄PRブースを設置 特大PRパネルで台湾の魅力を発信していきます”. 京急電鉄オフィシャルサイト (2015年2月17日). 2016年4月29日閲覧。
  8. ^ 台湾で大人気の駅弁「台鉄弁当」を販売!! 5月24日(日)京急ファミリー鉄道フェスタ2015”. 京急電鉄オフィシャルサイト (2015年5月14日). 2016年4月29日閲覧。
  9. ^ 午前中で1000食完売した台湾の駅弁、品川でも販売へ 京急”. 乗りものニュース (2015年5月29日). 2016年4月29日閲覧。
  10. ^ “台湾で「第1回駅弁祭り」 日本の「駅弁」が人気”. テレ朝news. (2015年7月17日). http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000054944.html 2016年5月3日閲覧。 
  11. ^ 台湾で駅弁祭り JR東日本も出展、E7系の新幹線弁当など販売へ”. フォーカス台湾 (2016年7月16日). 2016年4月29日閲覧。
  12. ^ 楊竣傑 (2015年3月1日). “6國鐵道便當 7月大PK(正体字中国語)”. 中国時報. http://www.chinatimes.com/newspapers/20150301000286-260114 2016年4月29日閲覧。 
  13. ^ “台鐵菜飯便當做成「麵包」 連他都喊驚艷(正体字中国語)”. 聯合報. (2015年5月22日). http://udn.com/news/story/9/919093 2016年4月29日閲覧。 
  14. ^ 李姿慧 (2015年5月23日). “排骨加麵粉 台鐵便當變麵包 —— 甜中帶鹹 還要研發飯糰 推早餐吧(正体字中国語)”. 台湾蘋果日報 (台北). http://www.appledaily.com.tw/appledaily/article/headline/20150523/36567090/ 2016年4月29日閲覧。 
  15. ^ 東武鉄道、台湾鉄路管理局友好鉄道協定締結記念『台湾排骨弁当』新発売”. 東武鉄道オフィシャルサイト (2016年3月17日). 2016年5月14日閲覧。
  16. ^ 台湾の懐かしの味! 台北駅のできたて駅弁の魅力とは?|エクスペディア
  17. ^ 台湾の駅弁 台北ナビ
  18. ^ 賴妤翎 (2013年1月20日). “拚懷舊財!第五代「鐵路便當盒」 超夯(正体字中国語)”. TVBSニュース中国語版 (台北). http://news.tvbs.com.tw/old-news.html?nid=3041 2016年4月30日閲覧。 
  19. ^ 戀戀阿里山-奮起湖大飯店官方網站(正体字中国語)
  20. ^ 奮起湖大飯店(嘉義県) 台北ナビ
  21. ^ “【台湾】日本人も絶賛する美味すぎる台湾駅弁 / 駅じゃなくても駅弁が買えるよ”. ロケットニュース24. (2013年12月20日). http://rocketnews24.com/2013/12/20/397534/ 2016年4月30日閲覧。 
  22. ^ 池上木片便當(正体字中国語)
  23. ^ 林孟佳、許麗娟 (2014年5月23日). “鐵路便當/台東池上便當(正体字中国語)”. 自由時報. http://week.ltn.com.tw/Travel/DC1605.html 2016年4月30日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]