肉圓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
肉圓
Bawan umiao.jpg
台南武廟肉圓(肉圓の一種)
各種表記
繁体字 肉圓
簡体字 肉圆
拼音 ròu yuán
注音符号 ㄖㄡˋ ㄩㄢˊ
発音: ロウユァン
広東語拼音 juk6 jyun4
台湾語白話字 Bah-oân
台湾語発音: バーワン
英文
テンプレートを表示

肉圓(バーワン)は、台湾料理の一種。18世紀に泉州移民が台湾の彰化県で始めたという[1]。肉餡をでんぷんの粉でつつんで蒸しあげたもので、薬味、ソース、タレなどをかけて食す[1]。レシピは場所や店により様々あるが、ベースとなるスタイルとしては豚肉とタケノコを混ぜた餡を、芋または米の粉でコーティングして蒸すことによって作られる、弾力のある平たい団子といった形を見せる[1]

台湾では、B級グルメに該当する料理。アニメ映画『千と千尋の神隠し』において、千尋の父がプニプニした謎の料理を食べているシーンがあり、それが肉圓であるという噂が2014年ごろに発生したが、これはまったく根拠のない話であったことが同アニメの制作会社であるスタジオジブリより回答されている[2]。後に米林宏昌が明かしたところによれば、実際にはシーラカンスの胃袋だという[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 平野久美子 『台湾好吃(フォーチャア)大全』 新潮社〈とんぼの本〉、2005年。ISBN 9784106021381https://books.google.co.jp/books?id=lOr8PQAACAAJ 
  2. ^ 沢井メグ (2016年3月18日). “【噂を検証】『千と千尋の神隠し』でお父さんが食べた “謎のプニプニ” は台湾の「肉圓(バーワン)」ではない! スタジオジブリに聞いたら違うと判明”. ロケットニュース24. ソシオコーポレーション. 2019年2月17日閲覧。
  3. ^ 米林氏「千と千尋」長年議論された“食べ物”を証言”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2020年9月19日). 2020年9月19日閲覧。