小籠包

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小籠包
Xiao Long Bao by Junhao!.jpg
小籠包
各種表記
繁体字 小籠包
簡体字 小笼包
拼音 xiǎolóngbāo
注音符号 ㄒ一ㄠˇㄌㄨㄥˊㄅㄠ
ラテン字 Xiaolongbao
発音: シャオロンバオ
広東語発音: siu2lung4baau1
上海語発音: xio lung bo
テンプレートを表示

小籠包しょうろんぽう上海語: ショーロンポー、普通話: シャオロンバオ、ピン音:xiǎolóngbāo)は、中国台湾香港マレーシアなど中華圏の国々でよく食べられている中華料理点心の一種。

概要[編集]

豚の挽肉を薄い小麦粉の皮に包んで、蒸籠蒸しにした肉まん(肉包子)のことである[1]。挽肉には豚皮を煮込んで冷やて出来上がった煮こごり(ゼラチン)を混ぜるため、蒸し上げるとゼラチン成分が溶けて皮の中にスープが入った状態になるのが特徴である[1]。通常の肉まんとサイズを比較するとかなり小さく、一般的な焼売のサイズに近い[1]

類似する料理に湯包があるが、小籠包と比較すると湯包の方が皮が薄く、スープが多い[1]。また、「小籠包と湯包は同じもの」とされることもある[2]

名称[編集]

「小籠」は「小さな蒸し籠」の意であり、「小籠包」は小さな蒸した包子(日本で言うところの中華まん)の意である[2]。中にスープが入ったものを小籠湯包あるいは小籠包子とも呼び[3]、区別することもあるが逆に「小籠湯包」を「湯(スープ)付きのミニ小籠包」と解することもある[2]

日本では小篭包(籠の和製漢字[4]小龍包(竹冠が無い)[5]などの漢字表記がある。

歴史[編集]

発祥地は三ヶ所あり、中国の上海市無錫市開封市とされている。中国では庶民料理として扱われているが、中国大陸以外のレストランでは高級料理として提供されることも多い。

上海市の小籠包[編集]

上海の南翔饅頭店

一説には上海市の都心部に位置する商店街が起源と言われており、また一説には上海市の西北に位置する小さな街路「南翔鎮」で発祥したとされる。

南翔鎮の起源の説によれば、1871年に中国の嘉定県南翔鎮(現・上海市嘉定区南翔鎮)の菓子屋「古猗園」の店主黄明賢が売り出した「南翔大肉饅頭」にあると言われている。南翔大肉饅頭は好評を博したため、同業者からすぐに真似された[1]。その後、工夫を凝らして具を多く皮を薄くし、簡単に真似ができないよう技術的な改良を加えた「古猗園南翔小籠」を販売し、たちまち有名な饅頭としてもてはやされた。当初より現在まで「南翔小籠」と呼ばれ、これが今日の「小籠包」という名称となっている[6]。「古猗園」店主黄明賢の弟子である呉翔升が1900年に開店した老舗「長興樓」(のちに「南翔饅頭店」に改名)が1920年ごろに売り出したところ、上海で人気を呼んだ。

この南翔小籠包の作り方は2014年に中華人民共和国文化部第4回国家級無形文化遺産代表的プロジェクトに入選している[7]

焼き小籠包[編集]

日本では焼き小籠包として知名度が高まった上海のローカルフードは生煎饅頭と呼ばれる別料理である。鉄板で焼き上げるという調理方法が異なるほか、皮も小籠包のものより厚めとなっている[8]

開封市の小籠包[編集]

開封の名物料理である灌湯包子を小籠包の発祥とすることがある。

無錫市の小籠包[編集]

無錫小籠包または小籠饅頭と呼ばれる。

無錫小籠包は江蘇省無錫市の名物料理といわれている。無錫の小籠包はあらかじめ醤油で味付され、濃厚で甘い味が特徴である。

南京市の小籠包[編集]

江蘇省南京市は湯包が名物であり、湯包を売りにしている店は数多く市内に存在している[9]

南京の湯包は小籠包との違いが語られることが多く、一例として皮の閉じ口のある面が上になっているのが小籠包、下になっているのが南京湯包というものがある[9]。しかしながら、閉じ口を上にした南京湯包も多く、明確な分別の定義はない[9]

味の特徴としては上海の小籠包と比べると、南京のものはスープが甘いことが挙げられる[9]。これは小籠包に限ったことでもなく糖醋排骨(日本で言うところの酢豚)なども上海より蘇州のものが甘く、蘇州より無錫のものが甘い[9]。南京のものは無錫よりも更に甘い[9]

台湾の小籠包[編集]

台北の「鼎泰豊」の厨房風景

台湾の小籠包は中華民国政府遷台に伴って、上海から伝わって来たと言われている。

台湾の小籠包は街の中の一般的な飲食店に提供されることもあって、高級料理として拘った小籠包専門店もある。台湾の高級小籠包の代表は台北市にある鼎泰豊の本店で、鼎泰豊は本場の上海や世界中にも出店している。特に豚肉を食べることが禁じられているイスラム圏の鼎泰豊支店においては、豚肉の代わりに鶏肉・羊肉を使った小籠包が提供されている。

台湾においては、中にたっぷりのスープが包み込まれているものを小籠湯包、スープを閉じ込めて調理する技術が無い場合を小籠包と区別している[10]

特徴[編集]

熱々のスープの入った小籠包

大きさは一般的な肉まん(肉包子)と比べてかなり小ぶりで直径は約3センチメートル程度。大きさからいえば焼売に近い。皮は小麦粉を半ば発酵させ、よくこねたものを円形に薄く延ばし広げて作る。特徴のスープは元々のレシピでは皮を煮込んで冷やした肉皮凍という煮こごり(ゼラチン)を豚の挽肉に混ぜ込むが、現在はのゼラチンを用いたり、中には豚皮・牛骨・鮫の軟骨を加水分解で工業的に加工して作った食品用ゼラチンを用いるものもある。このゼラチンが蒸籠の高温で蒸され、溶けてスープとなる。

熱々の肉汁(スープ)を含んだジューシーな味わいがその最大の特徴となっている。したがって、冷めたものではその特徴を味わえず、蒸したてを火傷しないよう気をつけながら、でつまみ、レンゲでスープをこぼさないようにして味わう。

通常は、薄い皮の折ひだを14以上作り、具を包む。具には白菜や、シイタケクログワイなどの野菜類やキノコエビフカヒレなどを少量混ぜた豚の挽肉を入れる。豚肉には皮や皮下脂肪の部分も混ぜ、ゼラチン分が含まれるようにする。この他、上海で名物となっている上海蟹の身を入れた蟹肉小籠や、雌の内子を入れた蟹黄小籠もあり、高級品として特に珍重される。豚肉を食べることが禁じられているイスラム圏においては、豚肉の代わりに鶏肉、羊肉を使った小籠包が提供されている(イスラム圏の鼎泰豊支店等)。

たれは(鎮江香醋、いわゆる日本でいう黒酢)だけか、これに醤油を混ぜたものを用い、これに千切りにしたしょうがを混ぜる。日本の焼き餃子のようにラー油を使うことは中国ではまれである。すでに味付けされ、たれが不要のものもある。

尚、スープで煮込む小籠包は本来中国には存在せず、2021年には日本の「小籠包スープ」の存在が中国国内で物議を醸した[11]

食べ方の例[編集]

食べ方を解説した鼎泰豊の箸袋

小籠包は皮の中のスープが熱いため、一口で食べると口内を火傷したり、中のスープをこぼして衣服を汚すこともある[12]

細く切った針ショウガが添えられこともある。この場合、小皿に取った黒酢や醤油と酢を混合したものに針ショウガを浸し、つけタレとする[12]

以下のような食べ方が紹介されることが多い。

  1. 箸で小籠包の皮をつまみ、穴をあけないようにして散蓮華に乗せる[12][13]
  2. 小籠包の皮の側面に箸で穴をあけ、中のスープを散蓮華で受ける[12][14][13][15]
  3. 少し熱を冷ましたら、散蓮華を口に運び、スープを飲む[14][13][15]。もしくはスープと共に小籠包を半分ほど食べる[12]。このとき、熱いからと口の中から戻すのはマナー違反となる[12]
  4. つけタレが用意されている場合は、針ショウガを散蓮華に残った小籠包に乗せて、散蓮華に残ったスープごと食べる[12][14]。または、散蓮華のスープを飲んで残った小籠包を箸でつまみ、小皿のタレにつけて食べる[15]

上記と順序を変えた食べ方が紹介されることもある[16][17]

  1. 小籠包を箸でつまみ、小皿のタレにつける。
  2. 小籠包を散蓮華に乗せる。
  3. 小籠包の皮に穴をあけ、スープを散蓮華で受けてから飲む。
  4. 好みで針ショウガを残った小籠包に乗せて食べる。

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e ヒキタミワ (2013年1月25日). “上海の小籠包”. All about. 2022年11月13日閲覧。
  2. ^ a b c 『るるぶ台北'17』2016年、28頁。ISBN 9784533112720 
  3. ^ 『Mapple PLUS台北: コレが今, 台北でしたいこと』昭文社、2016年、50頁。ISBN 9784398282255 
  4. ^ 杉森千紘 『そうだ、台湾いこう』 第1巻、セブン&アイ出版、2020年、138頁。ISBN 9784860087364 
  5. ^ 『大人の常識とマナー 決定版』学研教育出版、2010年、96頁。ISBN 9784054042551 
  6. ^ Weekly CHINAVI News 第4号”. ANAフレンドパーク. 全日本空輸 (2005年). 2006年5月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月11日閲覧。
  7. ^ 南翔小籠包の作り方が、中国国家無形文化遺産に”. 人民網 (2014年8月14日). 2022年11月13日閲覧。
  8. ^ BBC (2017年12月6日). “カリッとジューシー「焼き小籠包」が食べられる人気のお店5選”. macaroni. 2022年11月13日閲覧。
  9. ^ a b c d e f 小籠包とは別物?南京名物の湯包(タンバオ)に舌鼓!東長崎「金陵一絶 王氏湯包」”. 80c (2020年3月10日). 2022年11月13日閲覧。
  10. ^ 小籠包の歴史と美味しいわけ”. 台湾タンパオ天五店. 2022年11月18日閲覧。
  11. ^ 日本人がまたとんでもない中華料理を…「ひどい」「報復だ!」中国人の血圧ぐんぐん上昇!? レコードチャイナ 2021年7月10日(土) 11時20分 (2021年7月12日閲覧)
  12. ^ a b c d e f g 「小籠包」 『イラストでよくわかる きれいな食べ方』彩図社、2012年、92-93頁。ISBN 978-4883928774 
  13. ^ a b c 北條久美子、伊庭正康「そのほかの料理でのマナー」 『最新 ビジネスマナーの基本』新星出版社、2022年、194頁。ISBN 978-4405103931 
  14. ^ a b c 『aruco 東京で楽しむ台湾』地球の歩き方、2021年、46頁。ISBN 978-4059196129 
  15. ^ a b c 『地球の歩き方 D10 台湾 2020-2021』地球の歩き方、2021年、14頁。ISBN 978-4059191261 
  16. ^ 『台湾朝から夜までおいしいもの250』JTBパブリッシング、2018年、23頁。ISBN 978-4533126178 
  17. ^ きく (2018年4月27日). “出来たての小籠包を最後までおいしく食べる基本の食べ方”. macaroni. 2022年11月14日閲覧。

外部リンク[編集]