烙餅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
烙餅
Lao bing.jpg
家庭で作られた烙餅
別名 ラオピン、ローピン
種類 フラットブレッド
発祥地 中国
地域 華北
主な材料 小麦
テンプレートを表示
烙餅
繁体字
簡体字

烙餅(ラオピン、ローピン、簡体字中国語: 烙饼繁体字中国語: 烙餠拼音: làobǐng拼音: lùobǐng)とは、北京など華北地域の一部で広く食されているフラットブラッドの一種。「中国パンケーキ」と称されることもある。

烙餅の厚さは約1センチほどあり大きなピザほどのサイズで、食感は生地が固く、歯ごたえがある。餅(ピン)は、小麦粉からなり、丸めて層状にした種無しの生地をフライパンで揚げることによって作られる [1]。ほとんどの烙餅はプレーン味であるものの、春玉ねぎや黒糖を含むものもある。烙餅は普通、薄切りにして主食として出されるほか、炒餅(チャオピン)を作るために野菜と一緒に炒められる。

脚注[編集]

  1. ^ Qarooni, J., 1996: Flat Bread Technology, Springer p. 86.

関連項目[編集]