マカオ料理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ChineseDishLogo.png
中華料理
母料理
河南料理
八大料理系統
一 山東料理
北京料理
宮廷料理
東北料理
山西料理
西北料理
二 四川料理
雲南料理
貴州料理
三 湖南料理
四 江蘇料理
上海料理
淮揚料理
五 浙江料理
六 安徽料理
七 福建料理
台湾料理
海南料理
八 広東料理
潮州料理
客家料理
順徳料理
其の他系統
清真料理
湖北料理
江西料理
広西料理
マカオ料理
超系統料理
薬膳料理
精進料理
台湾素食
麺類
点心

マカオ料理(マカオりょうり)は、マカオ特有の郷土料理の一種。主に、広東料理福建料理など華南中華料理ポルトガル料理の融合によって成り立った多国籍料理であり、マレーシアインドなどのアジアの料理を中心に、アフリカを含む本国以外のポルトガル語圏からも大きな影響を受けている[1]

概要[編集]

伝統的なマカエンセの食卓(マカオ博物館の展示)

マカオの料理は、かつての宗主国であるポルトガルの料理と広東料理が大きな割合を占めている[2]。この内、ポルトガル系の料理の食材と調味料はヨーロッパ中国のみならず、マカオに伝えられる経路にあったアフリカインドゴアマレーシアマラッカなどの料理の影響も受けており、独特の多国籍料理であるマカオ料理となった[1]

マカオ料理は、調理方法としては焼きグリル焙煎香辛料ウコンシナモンカレー粉等の多様な種類で味付けがなされている。香辛料をふんだんに使用した料理がある一方、素材の味を生かした料理も存在する[2]

マカオの人口の大部分を占める中国系の家庭では、ポルトガル料理を食べることは稀であり[3][1]、主に広東料理が食べられている。しかし、マカオの広東料理はココナッツミルクレモン、バリシャォン(balichão、魚醤)、シュリンプペースト、黒胡椒など、東南アジアから伝えられた調味料を使用する独特の風味を持つ物があり、広東省広州料理順徳料理などとの違いがある。

一方、「マカエンセ(Macaense 男性)」、「マカエンサ(Macaensa 女性)」、「土生葡人」と呼ばれるマカオ生まれのポルトガル系住民及びポルトガル系と中国系の混血の住民は、家庭でポルトガル系の料理を食べている。また、レストランではポルトガル料理が供され、ポートワインやポルトガル産のチーズも置かれている。しかし、レストランのポルトガル料理の多くはマカオ風にアレンジされており、ポルトガル本国とは異なったものになっている[4]

マカオ料理の中でも豊富な魚介類を使用した料理の評価は高く、マカオで獲れた鮮魚や魚介類の加工品は香港に出荷されている[5]。加工品の中で有名なものとして、オキアミを加工した「蝦醤」が挙げられる。蝦醤はチャーハンや肉料理の下味として、あるいは食べる直前に料理にかけて使用され、マカオの蝦醤の品質は高く評価されている[2]

主な料理[編集]

スープ(ソパ)[編集]

肉料理[編集]

ミンチ
  • サラダ・デ・オレーリャ(Salada de orelha)- ブタの耳のサラダ
  • ミンチ(Minchi、免治豬肉) - 挽肉とさいの目切りのジャガイモを炒め、ごとともに食べる料理。マカエンセにとっての「おふくろの味」[6]
  • ショリッソ(Chouriço、葡國臘腸)- ポルトガル風ソーセージ
  • カペラ(Capela)- ショリッソ、オリーブ、チーズ入りミートローフ

鳥料理[編集]

アフリカン・チキン
ガリーニャ・ア・ポルトゥゲーザ
パト・デ・カビデラ
  • ガリーニャ・ア・カフレアル(Galinha à Cafreal、非洲雞) - アフリカン・チキン。トウガラシと香辛料を使用する点を除き、レストランによって調理法と味付けに違いがある[4]
  • ガリーニャ・ア・ポルトゥゲーザ(Galinha à Portugesa、葡國雞) - ポルトガル・チキン。鶏肉、チョリソー、タマネギ、ジャガイモ、ターメリックココナッツミルクなどを煮込んだカレー風の料理。オーブンで焼きカレーライスにする事も多い。
  • カリル・デ・ガリーニャ(Caril de galinha、咖喱雞) - ココナッツミルク入りチキンカレー。
  • パト・カビデラ(Pato Cabidela、血鴨) - アヒルと血の煮込み
  • ハトロースト

魚介類[編集]

  • バカリャウ(Bacalhau、馬介休)料理
    • バカリャウのソテー(燒馬介休)
    • パステイス・デ・バカリャウ(Pastéis de bacalhau、馬介休球)- バカリャウとジャガイモのコロッケ
    • ジャガイモとバカリャウの炒め物(薯絲炒馬介休)
    • バカリャウ・ア・ゴメス・デ・サ(Bacalhau à Gomes de Sá)- バカリャウ、ジャガイモ、ゆで卵、オリーブ、タマネギのキャセロール料理。ポルトの名物料理。
    • バカリャウ・ア・ペーニャ(Bacalhau à Penha)- 西望洋山風バカリャウ。バカリャウ、ジャガイモ、タマネギ、ピーマンキノコグラタン
    • バカリャウ・ギサード(Bacalhau guisado)- バカリャウのシチュー
    • バカリャウのサラダなど
  • サルディーニャス・アッサーダス(Saldinhas assadas、烤沙丁魚)- イワシのグリル
  • エンパーダ・デ・ペイシェ(Empada de peixe)- ポルトガル風魚パイ
  • カタプラーナ(Cataplana、海鮮煲) - 海鮮シチュー
  • ガンバス・ア・マカウ(Gambas à Macau、蒜蓉辣大蝦)- エビのスパイス煮。エビのチリソース風だがニンニクの風味が強い
  • カリル・デ・カマラォン(Caril de camarão)- エビのカレー
  • トスタス・デ・カマラォン(Tostas de camarão、蝦多士) - ハトシ
  • ミドリイガイのオーブン焼き(焗青口) - ムール貝の一種。
  • カリル・デ・カランゲージョ (Caril de caranguejo、咖喱蟹) - カリーハイ。ノコギリガザミなどのを殻ごと煮込んだカレー

野菜・米料理[編集]

軽食・デザート[編集]

マカオ風エッグタルト
ポークチョップバーガー
アーモンドビスケット

脚注[編集]

  1. ^ a b c 片寄眞木子、「中国料理との結合inマカオ」『南蛮料理のルーツを求めて』p93-122、1999年、東京、平凡社、ISBN 4-582-82429-3
  2. ^ a b c 『中国料理辞典 下巻 技術・文化篇』、249頁
  3. ^ 波多野須美「マカオの食文化」『中国食文化事典』、161頁
  4. ^ a b 『広州・マカオ・広東省 中国近代史の足跡をたどる』、232頁
  5. ^ 『中国料理辞典 下巻 技術・文化篇』、248-249頁
  6. ^ 『広州・マカオ・広東省 中国近代史の足跡をたどる』、227頁

参考文献[編集]

  • 旅名人編集室編、『旅名人ブックス 広州・マカオ・広東省 中国近代史の足跡をたどる』、2005年5月、日経BP企画
  • 内藤陽介、『マカオ紀行-世界遺産と歴史を歩く』、2010年11月、彩流社
  • 波多野須美、「マカオの食文化」『中国食文化事典』(木村春子編著)p161、1988年3月、角川書店
  • 『中国料理辞典 下巻 技術・文化篇』、249頁、1999年1月、同朋舎
  • Annabel Jackson. 2004. Taste of Macau: Portuguese Cuisine on the China Coast. Hippocrene

外部リンク[編集]

関連項目[編集]