台中駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
台中駅
New Taichung Station.jpg
駅舎(2016年)
臺中
タイジョン
Taichung
所在地 台湾 台中市中区台湾大道1段1号
駅番号 146
所属事業者 台湾鉄路管理局
台湾糖業股份有限公司(廃止))
等級 特等駅
電報略号 ㄊㄓ
駅構造 高架駅
ホーム 単式・島式 3面5線
(4、5番線工事中)
乗車人員
-統計年度-
#利用状況節参照
-人/日(降車客含まず)
乗降人員
-統計年度-
#利用状況節参照
-人/日
開業年月日 1905年5月15日
乗入路線
所属路線 台中線(山線)
キロ程 193.3km(基隆起点)
精武 (2.1km)
(2.0km) 五権
所属路線 台湾糖業鉄道中濁線廃線
キロ程 0.0km
(0.6km) 花園
テンプレートを表示
台中駅
各種表記
繁体字 臺中車站
簡体字 台中车站
拼音 Táizhōng Chēzhàn
通用拼音 Táijhōng Chējhàn
注音符号 ㄊㄞˊㄓㄨㄥ ㄔㄜ ㄓㄢˋ
発音: タイジョン チャーヂャン
台湾語白話字 Tâi-tiong Chhia-thâu
日本語漢音読み たいちゅうえき
英文 Taichung Station
テンプレートを表示
2代目台中駅舎
中華民国(台湾)文化資産
Taichung Station 1.JPG
辰野風の駅舎
種類
等級 国定古跡
文化資産登録
公告時期
1995年4月22日[1]
位置 北緯24度08分13秒 東経120度41分5秒 / 北緯24.13694度 東経120.68472度 / 24.13694; 120.68472
建設年代 大正6年(1917年
台中後站
中華民国(台湾)文化資産
Rear station of TRA Taichung Station 20100826.jpg
台中後站(旧台湾糖業鉄道中南駅)
登録名称 臺中後火車站
旧称 中南驛(日治時代
種類 建築物
等級 歴史建築
文化資産登録
公告時期
2004年2月20日[2]
位置 台中市東区復興路四段
建設年代 1950年代
初代駅舎(木製、当時の日本駅舎風)。
2016年10月、高架化後の駅を視察する要人(左から台中市長の林佳龍、総統の蔡英文、交通部長の賀陳旦

台中駅(たいちゅうえき)は、台湾台中市中区緑川里にある、台湾鉄路管理局(台鉄)台中線。現在特等駅であり、各級の列車が停車する。台中市の中心駅であり、かつては台湾糖業鉄道中南線が接続していた。将来は台中捷運藍線の整備計画がある。

駅構造[編集]

駅舎は、地上3階、地下1階ある。単式・島式ホーム3面5線(一部のホーム工事中)の高架駅で地上3階に位置して、復興路側から1A・1B・2A・2B・3と順に振られている。地上2階にはコンコースで、改札口、切符売り場、自動券売機、台鉄案内所、鉄道警察分駐所、トイレ(エレベーターは出口1、3)がある。駐車場が地下1階にある。

  • 駅舎(2代目駅舎)は赤レンガを使用した英国風のデザイン。1917年に建設されたもので、国定古跡に指定されている。
  • 旧裏口(後站)の駅舎は、昔の台湾糖業鉄道中南線台中駅である。

のりばは以下のとおり。

のりば[編集]

3階にはホームがある。
1 1A 西部幹線(下り、待避列車) 彰化台南高雄屏東方面
西部幹線(上り、成追線経由海岸線直通列車 大甲竹南新竹方面
西部幹線(上り始発) 苗栗新竹桃園台北基隆方面
集集線直通列車(下り始発、上り終着) 集集車埕方面
2 1B 西部幹線(下り) 彰化台南高雄屏東枋寮台東南迴線経由)方面
西部幹線(上り、待避列車) 苗栗新竹桃園台北基隆方面
3 2A 西部幹線(上り) 苗栗新竹桃園台北基隆方面
東部幹線(直通下り) 宜蘭花蓮台東方面


利用状況[編集]

利用客数推移(2001年-)
年間 1日平均
乗車 下車 乗下車計 出典 乗車 乗下車
2001 7,891,335 7,860,667 15,752,002 [5] 21,620 43,156
2002 資料なし 15,158千 [6] - 41,529
2003 6,692,742 6,613,671 13,306,413 [5] 18,336 36,456
2004 資料なし 13,509千 [6] - 36,910
2005 資料なし 13,267千 - 36,348
2006 6,698,152 6,577,611 13,275,763 [7] 18,351 36,372
2007 資料なし 13,432千 [6] - 36,800
2008 資料なし 14,511千 - 39,648
2009 資料なし 14,963千 - 40,995
2010 7,855,446 7,793,033 15,648,479 [8] 21,522 42,873
2011 8,475,160 8,233,096 16,708,256 [9] 23,220 45,776
2012 9,105,638 8,850,841 17,956,479 [10] 24,879 49,061
2013 9,369,859 9,226,624 18,596,483 [11] 25,671 50,949
2014 9,521,531 9,292,519 18,814,050 [12] 26,086 51,545
2015 9,877,068 9,744,740 19,621,808 [13] 27,060 53,758
2016 9,995,999 9,931,144 19,927,143 [14] 27,311 54,446
2017 9,754,242 9,677,799 19,432,041 [15] 26,724 53,238
2018 9,490,995 9,508,821 18,999,816 [16] 26,003 52,054

歴史[編集]

  • 5月15日 - 台中線台中駅開業。
  • 6月10日 - 初代駅舎(台中停車場)竣工。
  • 3月31日 - 2代目駅舎完成 (現在国定古跡に指定)。
  • 11月6日 - 2代目駅舎改築、落成式挙行。
  • 5月15日 - 開業100周年イベント。蒸気機関車の記念運行。
  • 11月5日 - 集集大地震の被害修理完了。

駅弁[編集]

当駅では多数の駅弁を販売している。

  • 台中鐵道食堂

駅周辺[編集]

西口[編集]

東口[編集]

公共レンタサイクル[編集]

バスのりば[編集]

市内バス[編集]

台中市内バスの系統番号が3桁以下(0-999)の線路は2015年7月1日よりIC乗車カード利用時は10キロ以内の乗車は無料である。

長距離バスのりば[編集]

隣の駅[編集]

台湾鉄路管理局
台中線(山線)
精武駅 - 台中駅 - 五権駅
台湾糖業鉄道
中濁線(廃線)
台中駅 - 花園駅

脚注[編集]

註釈[編集]

  1. ^ 新竹・台中地震の影響。
  2. ^ 921大地震の影響。

出典[編集]

  1. ^ (繁体字中国語)臺中火車站 文化部文化資産局 国家文化資産網
  2. ^ (繁体字中国語)臺中市舊後火車站(旧称中南駅) 文化部文化資産局 国家文化資産網
  3. ^ a b (繁体字中国語)朱書漢 (2018-04-26). 運轉臺中:臺中火車站與周邊設施之發展(1903-2017) (Report). 国立中興大学. pp. 頁30,46,47,54,58,80. https://rdnet.taichung.gov.tw/media/444829/佳作1_運轉臺中-臺中火車站與周邊設施之發展-1903-2017.pdf 2020年3月13日閲覧。. 
  4. ^ (繁体字中国語)臺灣省行政長官公署交通處鐵路管理委員會 (1947年5月). 臺灣鐵路業務統計要覽 民國35年度. 臺灣省行政長官公署交通處鐵路管理委員會. p. 28. https://tm.ncl.edu.tw/article?u=007_001_0000408093  国家図書館
  5. ^ a b c (繁体字中国語)台中市政府 (2009年12月). “擬定台中市都市計畫(配合台中都會區鐵路高架捷運化畫-台中車站地區)細部計畫書 依內政部都市計畫委員會第 714 次會議決議補辦公開展覽)”. V523地產資訊網. p. (3-18). 2020年2月1日閲覧。
  6. ^ a b c (繁体字中国語)“拾壹、交通運輸”. 統計年報(101年) (臺中市政府主計處): 704. (2013-06-10). ISSN 2226-2261. https://www.dbas.taichung.gov.tw/media/296047/361016204071.pdf. 
  7. ^ (繁体字中国語)表3-54 民國 95 年度台鐵各車站全年上下車旅客統計”. 內政部營建署. p. (3-73). 2019年6月4日閲覧。 Archived 2016年9月24日, at the Wayback Machine.
  8. ^ 99年報 各站客貨運起訖量”. 2011年12月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月4日閲覧。 臺灣鐵路管理局
  9. ^ 100年報 各站客貨運起訖量”. 2012年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月4日閲覧。 臺灣鐵路管理局
  10. ^ 101年報 各站客貨運起訖量”. 2013年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月4日閲覧。 臺灣鐵路管理局
  11. ^ 102年報 各站客貨運起訖量”. 2014年5月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月4日閲覧。 臺灣鐵路管理局
  12. ^ 103年報 各站客貨運起訖量”. 2015年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月4日閲覧。 臺灣鐵路管理局
  13. ^ 104年報 各站客貨運起訖量”. 2016年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月4日閲覧。 臺灣鐵路管理局
  14. ^ 105年報 各站客貨運起訖量”. 2017年8月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月4日閲覧。 臺灣鐵路管理局
  15. ^ 106年報各站客貨運起訖量 Volume of Passenger & Freight Traffic”. 臺灣鐵路管理局. 2019年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月5日閲覧。
  16. ^ 107年報各站客貨運起訖量 Volume of Passenger & Freight Traffic”. 臺灣鐵路管理局. 2019年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月25日閲覧。
  17. ^ 帝國製糖株式會社鐵道運輸營業開始許可1916-03-18,台湾総督府報第1165号/国立国会図書館
  18. ^ (繁体字中国語)歷任縣長拚觀光 交通網卻難見2017-06-07,李氏新聞
  19. ^ a b (繁体字中国語)“感謝守候!台中火車站告別地平線 今晚8:55揮別末班車”. 上方Upmedia. (2016年10月15日). https://www.upmedia.mg/news_info.php?SerialNo=5779 
  20. ^ (繁体字中国語)不可不知 台中車站
  21. ^ 台湾・台中駅など16日に高架化、「地域分断」解消で発展に弾み2016-10-15,フォーカス台湾
  22. ^ “日本統治時代建設の「旧台中駅」が大氷像に さっぽろ雪まつり/台湾”. フォーカス台湾. (2018年2月5日). http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201802050005.aspx 
  23. ^ (繁体字中国語)“12條公車路線 今天起進駐台中轉運中心乘車”. 聯合報. (2019年11月30日). https://udn.com/news/story/7325/4196651 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

台湾鉄路管理局
台中市文化資産処