ティールーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロンドン、ストランドの昔ながらのトワイニングズ・ショップ
コロラドスプリングスのグレン・エイリー城にあるティールーム

ティールーム (英語: Tearoom) またはティーショップ (英語: Tea shop) は飲み物や軽食を提供する小さなレストランである。とくに落ち着いていて静かな雰囲気の店舗を指す。この用語は家でティーを出すための部屋を指すこともある。

お客はジャムの付いたスコーンクロテッドクリームから成るクリームティー(テヴォンシャティーとしても知られる)を食べたり、サンドウィッチ、スコーンそしてケーキのアフターヌーンティーをする。あるいは1日の最後の食事として、料理が付いたハイ・ティーが提供される。スコットランドでは紅茶はたいていスコーン、パンケーキクランペット、その他のケーキなど様々なものとともに提供される。

関連する使用法として、「ティールーム」(tearoom) は仕事場のかたわらにスタッフがリラックスするためや、特に仕事の休み時間に元気を回復するために用意される部屋を指すことがある。伝統的にそのようなティールームで食べ物と飲み物を出すスタッフはティー・レディと呼ばれた。

歴史的発展[編集]

紅茶はオリバー・クロムウェルの護国卿時代の間に初めてイングランドに入って来て、まもなく国民的飲み物になった。紅茶を飲むことはイギリス人にとっての娯楽になった。すでに1784年にはラ・ロシュフーコー=リアンクール公爵フランス語版は「イングランド全体を通じて紅茶を飲むことは一般的である」と書き留めている。それにもかかわらず、ベッドフォード公爵夫人アンナ・ラッセルは1840年にアフターヌーンティーを始めたと言われている[1]

トマス・トワイニングは1706年に初とされるティールームをイングランド、ロンドンのストランド街216番地にオープンした。そこでは紅茶が今でも売られている。1787年にその会社は設立当初以来現在まで絶え間なく使用されているものとしては世界最古の広告用のロゴを作った[2]。トワイニングスは1964年以来アソシエイテッド・ブリティッシュ・フーズの傘下となり、スティーブン・トワイニングが現在会社の10世代を代表している。2006年にはトワイニングスは、特別な紅茶とそれとセットの茶缶とともに300周年を祝った。トワイニングスの商品は、王室御用達許可証を保持している(エリザベス二世によって指定された)。

ウィロウ・ティールームのギャラリー

18世紀には紅茶はとても高価な(かつ重税のかかった)富裕層のためのぜいたく品で、コーヒーハウスでも入手可能であった。健康のリスクが起こりうるため紅茶は「下層の人々」のための飲み物に適していないという懸念や論争の後、労働者階級の酒浸りへの増加する反発が起き、禁酒運動において酒の代わりとして紅茶の促進をもたらすこととなった。そして1830年代からパブや飲み屋に代わる禁酒代案としてたくさんの新しいカフェとコーヒーハウスがオープンした。

ロンドンのホテルにはティールームの長い伝統がある。例えば、ブラウンズ・ホテルは170年以上もの間ティールームで紅茶を提供している。作家のチャールズ・ディケンズヴィクトリア女王時代を舞台にした彼の著作の中でティールームについて多くの言及を行っていた。

1864年に、エアレイテッド・ブレッド・カンパニーはA.B.C.ショップで知られるようになる初めての店をオープンした。ロンドンベースのエアレイテッド・ブレッド・カンパニーの女支配人によるティールーム開店のアイディアは「全ての階級の客に無料の紅茶とコーヒーを提供し、店内に宣伝用に公共のティールームを設置する許可を得る[3]」というものであった。ティールームが提供する場所は、ヴィクトリア時代の女性が男性の同伴者なしでも体裁の心配なく食事をとれる場所であったので重要だった。1923年までA.B.C.紅茶ショップの総数は250店であり、A.B.C.ショップの30年後にオープンしたジェイ・ライアン・アンド・コーに次いでいた[4]

1878年にキャサリン・クランストンは「ミス・クランストンのティールーム」のチェーン店となる店をスコットランドグラスゴーに初めてオープンした。そこは、初めて男性の付き添いなしで社交的な付き合いをしようとする裕福な女性のために用意され、広く人気があり優雅でうまく設計された社交場であった。彼女は有望なデザイナーと契約し、チャールズ・レニー・マッキントッシュの支援者になった。そしてマッキントッシュは様々なインテリアのデザインもした。また、彼は興味深い室内のデザインのシリーズや素晴らしい現代の外観をしたウィロ-・ティールームズの建物もデザインした。似たような建物は、スコットランドで全体で人気になった。

しかしながら、1880年代からアメリカ合衆国イギリスの両国はティールームとティーコートでティーサービスの提供を始めた。そして、1910年までティールームとティーコートではダンスの大流行を受けてアメリカとイギリスでアフターヌーンティーダンスを主催し始めた。ティールームはイギリス社会の全階級への提供が確立された。特にチェーン店は1894年にロンドンのピカデリー213番地で初めてティーショップをオープンしたジェイ・ライアン・アンド・コーによって始まった。そしてライオンズ・コーナー・ハウスとして知られるティールームのシリーズを創り上げ、たくさんのティールームが1950年代までにイギリスにおいて広まった。しかし、それからの数十年間においてはカフェが流行し、ティールームは一般的ではなくなっていった。クリーム・ティーを提供している田舎のティールームは今でもデヴォンコーンウォールなどの多くの地域で旅行客を引き付けていて、たいていの町や村にはある。グラスゴーでウィロウ・ティールームはデパートに吸収された何年も後に復活していた。そして、現在は初期のティールームのうちの1つがある場所の近くにあるブキャナン通りの施設にマッキントッシュ・インテリアの再現を行っている。

脚注[編集]

  1. ^ Helen Simpson The Ritz London Book of Afternoon Tea. Ebury Press, 2006
  2. ^ Tom Standage. (2005). A History of the World in Six Glasses. New York: Walker. p. 202.
  3. ^ Brandt, Pamela Robin. “Tea for View, View for Tea,” Miami New Times. October 17, 2002. (Retrieved 2009-05-08). See also: “英格兰饮茶风俗由何而来? (二),” British Council China. August 8, 2007. (Retrieved 2009-05-08).
  4. ^ "Aerated Bread Company (ABC)", London Metropolitan Archives. The National Archives|National Archives. ACC/2910, 1869-1885. (Retrieved 2009-05-08).

参考文献[編集]

外部リンク[編集]