玄米茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
玄米茶
玄米茶 浸出液 [1]
ビタミン
リボフラビン (B2)
(1%)
0.01 mg
ナイアシン (B3)
(1%)
0.1 mg
ビタミンB6
(1%)
0.01 mg
葉酸 (B9)
(1%)
3 µg
ビタミンC
(1%)
1 mg
ミネラル
ナトリウム
(0%)
2 mg
カリウム
(0%)
7 mg
カルシウム
(0%)
2 mg
マグネシウム
(0%)
1 mg
リン
(0%)
1 mg
(1%)
0.01 mg
他の成分
水分 99.9 g
カフェイン 0.01 g
タンニン 0.01 g

浸出法: 茶 15 g/90 °C 650 mL、0.5分 
%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDIの割合。

玄米茶(げんまいちゃ)は、番茶(稀に煎茶)を強火で加熱したものと、蒸してから炒って狐色になった玄米精米や爆(は)ぜてポップコーン状になった玄米・精米とを、ほぼ同量ずつ混ぜたものである。食塩抹茶を少量加えた物や焙じた玄米だけの商品もある。但し日本で玄米茶として売られているものの多くは、実際は玄米ではなく、精米(白米)を使っている(後述[2]緑茶日本茶の一種。

概要[編集]

日本茶としては番茶ほうじ茶と同位に位置づけられ、高級な部類ではない。あっさりとしており、香ばしい香りと味が特徴。玄米茶の品質は、茶葉よりもむしろ白・玄米の質に左右される。香ばしさは爆ぜた(熟れた)白・玄米よりも、狐色の炒った白・玄米のほうから出る。したがって、爆ぜた玄米の割合が多いものは粗悪品である。玄米はもち米が用いられる事が多い。

  • 淹れ方

淹れるときには、沸騰した湯で短時間で抽出するのがコツである。時間をかけるとタンニンが出て渋くなる。

玄米は初めから使われていなかった?[編集]

戦前に、鏡開きのときに出る餅屑を勿体無いと考えた茶商が、これを炒って茶葉に混ぜたとする説や、炊飯後に釜についたカリカリの飯粒をお茶に入れた[2]など、始まりには諸説ある。遅くとも昭和の初め頃には飲まれていたとみられる[2]

煎り米を製造するメーカによると「玄米茶用の煎り米の注文のうち、9割は精米を使うよう依頼される」という。但し食用の精米のように真っ白にせず、30%から80%などの割合でが取り除かれる」[2]。つまり玄米茶の嚆矢から玄米は使われてなかった可能性があり、現在(2020年時点)でも玄米を用いるメーカーは少ない[2]。毎日新聞によると市販製品の原材料欄は「米」と書いているメーカーが多く、「玄米」と書いているメーカーが2社あり、その中1社は実際は精米を使っており、もう1社だけ100%玄米を使っていた[2]

脚注[編集]

  1. ^ 文部科学省 「日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  2. ^ a b c d e f 「玄米茶には、玄米が入っていない? ルーツをたどって見えてきた その理由」(毎日新聞2020/10/10)

関連項目[編集]