玄米茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
玄米茶
玄米茶 浸出液 [1]
ビタミン
リボフラビン (B2)
(1%)
0.01 mg
ナイアシン (B3)
(1%)
0.1 mg
ビタミンB6
(1%)
0.01 mg
葉酸 (B9)
(1%)
3 µg
ビタミンC
(1%)
1 mg
ミネラル
ナトリウム
(0%)
2 mg
カリウム
(0%)
7 mg
カルシウム
(0%)
2 mg
マグネシウム
(0%)
1 mg
リン
(0%)
1 mg
(1%)
0.01 mg
他の成分
水分 99.9 g
カフェイン 0.01 g
タンニン 0.01 g

浸出法: 茶 15 g/90 °C 650 mL、0.5分 
%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDIの割合。

玄米茶(げんまいちゃ)は、緑茶と炒った米を同量ずつ混ぜたものである。緑茶日本茶の一種。茶葉は強火で加熱し、米は蒸してから炒って狐色になるか、爆(は)ぜてポップコーン状になったものを使う。

概要[編集]

戦前に、京都の茶商が鏡開きのときに出る餅屑を勿体無いと考え、これを炒って茶葉に混ぜたとする説や、炊飯後に釜についたカリカリの飯粒をお茶に入れた[2]など、始まりには諸説ある。京都創業の複数の製茶会社が大正時代にそれぞれ「花やなぎ」「蓬莱茶」として販売したのが玄米茶の始まりだと主張している[3]

日本茶としては番茶ほうじ茶と同位に位置づけられる。あっさりとしており、香ばしい香りと味が特徴。玄米茶の品質は、茶葉よりも米の質に左右される。香ばしさは爆ぜた米よりも、狐色の炒った米のほうから出る。したがって後者を使ったものが高級とされる。緑茶には番茶や稀に煎茶、米にはもち米が用いられる事が多く、食塩抹茶黒豆等を少量加えたものもある[要出典]

  • 淹れ方

淹れるときには、沸騰した湯で短時間で抽出するのがコツである。時間をかけるとタンニンが出て渋くなる。

玄米は初めから使われていなかった、とする主張[編集]

玄米茶向けの煎り米を製造するメーカによると「玄米茶用の煎り米の注文のうち、9割は精米を使うよう依頼される」という。但し食用の精米のように真っ白にせず、30%から80%などの割合でが取り除かれる[2]。また餅屑や乾いた飯粒を湯呑みに入れたことが玄米茶の始まりという説があり、玄米茶の嚆矢から玄米は使われてなかったと見られる。現在(2020年時点)でも玄米を用いるメーカーは少ない[2]。毎日新聞によると市販製品の原材料欄は「米」と書いているメーカーが多く、「玄米」と書いているメーカーが2社あり、その中1社は実際は精米を使っており、もう1社だけ100%玄米を使っていた[2]

脚注[編集]

  1. ^ 文部科学省 「日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  2. ^ a b c d 「玄米茶には、玄米が入っていない? ルーツをたどって見えてきた その理由」(毎日新聞2020/10/10)
  3. ^ 碧翆園、蓬莱堂茶舗の公式HPより。

関連項目[編集]