Crush, Tear and Curl

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Crush, Tear and Curlタイプの茶乾[1]

Crush, Tear and Curl(クラッシュ ティア アンド カール、CTC) とは、比較的新しい紅茶の製茶法(CTC製法)あるいはそれによって生産された紅茶の茶葉の等級である。

従来のフルリーフ(オーソドックス・ティー)やブロークンに比べ、品質の安定や短時間で抽出できるといったメリットがある。インドアッサム州スリランカの一部、またアフリカなど新興の紅茶生産地で、CTC製法を採用した紅茶を生産している。

脚注[編集]

  1. ^ 写真は日本の茨城県に本店を置く紅茶店"花水木"で2009年に取り扱われていた紅茶"ASSAM CTC"の茶乾