ベルガモット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベルガモット
Citrus bergamia - Köhler–s Medizinal-Pflanzen-184.jpg
ベルガモット
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ムクロジ目 Sapindales
: ミカン科 Rutaceae
: ミカン属 Citrus
: ベルガモット C. × bergamia
学名
Citrus × bergamia
(Risso) Wright & Arn.[1]
和名
ベルガモット
英名
Bergamot
ベルガモット
ベルガモット

ベルガモット(英:Bergamot、伊:Bergamotto、学名:Citrus × bergamia)はミカン科の常緑高木樹の柑橘類である。主産地はイタリア

RAPDやSCARを用いたDNA解析の結果からダイダイ (C. aurantium) とマンダリンオレンジの交雑種であると推定されている。

ベルガモットの果実は生食や果汁飲料には使用されず、専ら精油を採取し香料として使用される。紅茶アールグレイはベルガモットで着香した紅茶である。フレッシュな香りをもつためオーデコロンを中心に香水にもしばしば使用される。


名称の由来[編集]

トルコ語で「梨の王」を意味するBeg armudiが語源とする説[2]の他、イタリアのベルガモまたはスペインベルガに因むとする説[3]がある。後者の説は、クリストファー・コロンブスがベルガモットをカナリア諸島で発見してスペイン、イタリアに伝えたとする言い伝えに関連付けて語られる。

なお、シソ科に同名のベルガモット(和名:タイマツバナ、学名:Monarda didyma)というハーブがある。これは葉がベルガモットの精油と良く似た香りを持つことから同じ名前を持っている。

特徴[編集]

樹高は2 - 5m程度になり、葉は他の柑橘類と同じように表面に光沢があり、他の柑橘類よりもやや細長い形をしており先がとがっている。夏に芳香のある5枚の花びらを持つ白い花を咲かせる。果実はヘタの部分が出っ張った洋ナシ形かあるいはほぼ球形をしており少しデコボコしている。果実の色は最初緑色であるが、熟すにつれて徐々に黄色~橙色へと変化する。

栽培[編集]

通常、ダイダイ(ビターオレンジ)の木に接木して栽培される。比較的暑さには強いが寒さに弱く、栽培には気温が氷点下にならないことが必要とされる。南向きの日当たりが良く灌漑された山の斜面が栽培に適している。 主要な産地はイタリアのカラブリア州である。このほかにコートジボワールのサッサンドラ地方でも栽培が行われている。

精油[編集]

果実の果皮から精油が得られ、これを香料として使用する。果実はまだ果皮が緑色をしている11月から黄色く熟す3月にかけて収穫される。抽出は圧搾法で、コールドプレス法によって行なわれているものもある。得られた精油は黄色をしている。

ほかの柑橘類の精油がd-リモネンを主成分としているのと大きく異なり、ベルガモットの精油はl-リナロールl-酢酸リナリルを主成分としている。収穫時期によってl-リナロールとl-酢酸リナリルの比率は変化し、収穫時期が遅くなるほど酢酸リナリルの比率が増加する。また、ベルガモットの精油にはベルガプテンやベルガモチンなどのフロクマリン誘導体が含まれており、これが皮膚についた状態で紫外線が当たるとベルロック皮膚炎と呼ばれる炎症を起こして色素の沈着が起こる。 そのため、皮膚に接触する用途に使用される場合には、ベルガプテン除去処理をしたBGF(ベルガプテンフリー)あるいはFCF(フロクマリンフリー)と呼ばれる精油を用いる。

枝や葉を水蒸気蒸留すると、プチグレイン・ベルガモットと呼ばれる精油が得られるが、こちらの使用量は極めて少ない。

果肉[編集]

非常に苦味が強いために生食には向かない。これはほかの柑橘類にくらべて、苦味を持つフラボノイド配糖体の量が多いためである。果肉100 gに含まれるフラボノイド配糖体の総量は2.70 gと、生食可能なグレープフルーツの1.90 gに対して1.4倍程度ある。 内訳としてはポンシリン1.24 g、ネオヘスペリジン0.59 g、ナリンジン0.44 gなどである。

用途[編集]

代表的なフレーバーティーの1つであるアールグレイはベルガモットの精油で紅茶を着香することで作られる。

フレッシュな香りが適しているため、オーデコロンに使用されてきた。また、シプレの系統に属する香水はベルガモットとオークモスを使用する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Citrus bergamia - Risso
  2. ^ ピエール・ラスロー 『柑橘類の文化誌』 p.32
  3. ^ ヘレナ・アトレー 『柑橘類と文明』p.234

参考文献[編集]

  • ピエール・ラスロー著 『柑橘類の文化誌』 寺町朋子訳、一灯舎、2010年
  • ヘレナ・アトレー著 『柑橘類と文明』 三木直子訳、築地書館、2015年