大将季

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

大将季(ダイマサキ)とはミカン科ミカン属柑橘類タンゴールのひとつである。

大将季

特徴[編集]

1997年に育成者の(鹿児島県阿久根市)において、「シラヌヒ」の枝変わりを発見、以後、増殖を行いながら育成したものである。2006年8月22日に品種登録をされた。[1]

なお、出願時の名称は「紅将季」であった[2][3]

果実の形状は扁球、色は橙で、皮はむき易い。果汁は多く、甘味は強く、酸味及び香気は中程度である。育成地では3月上旬に成熟する。「シラヌヒ」と比較して、果皮の色が橙である[3]

脚注[編集]

関連項目[編集]