カクテルフルーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カクテルフルーツ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ムクロジ目 Sapindales
: ミカン科 Rutaceae
: ミカン属 Citrus
学名
Citrus grandis X reticulata
和名
カクテルフルーツ
英名
cocktail fruit

カクテルフルーツ(英名:Cocktail Fruit)はミカン科常緑高木柑橘類の一種である。主にアメリカ合衆国カリフォルニア州で生産されており、ブンタンと(Citrus grandis)とマンダリンオレンジC. reticulata)の交配種である。

秋から冬に掛けて販売されているが、比較的新しい品種のため、日本国内での商用栽培・収穫は未だ行なわれていない。

特徴[編集]

果実は緑色またはオレンジ色。伊予柑より一回り小さく、ソフトボールより若干大きい程度のサイズ。

グレープフルーツより苦味が弱く食べやすい。皮はグレープフルーツやスウィーティー(オロブランコ)より薄く、手で剥くことが可能である。

食味は良いが種がやや多いのが難点である。

外部リンク[編集]