マーコット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マーコット
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ムクロジ目 Sapindales
: ミカン科 Rutaceae
: ミカン属 Citrus
: マーコット Murcott
和名
マーコット

マーコット (Murcott tangor) は、ミカン科常緑低木柑橘類の一種である。

概要[編集]

正確な起源は不明とされているが、アメリカで育成されたみかん類とオレンジ類の交雑種であるタンゴールの一種と言われている。名前は苗木商のマーコット・スミスに由来する。大きさは温州みかんぐらいで、果皮は赤みの強い黄橙色で薄いがやや固く少し剥きにくい。表面はなめらか。種がやや多いが果汁は多く、甘味が強く濃厚で食味の良い品種である。

栽培[編集]

アメリカ、ブラジル等で栽培されており日本国内にも輸入されている。

国内でも栽培されているが寒さに弱い為、亜熱帯以外の地域ではハウス栽培が行なわれている。1月 - 4月に掛けて店頭に果実が出回る。

また、晩生の柑橘類として人気の高い「せとか」や「麗紅」、「不知火(デコポン)」を種子親に持つ「肥の豊」等を交配する時の親品種としても使われている。

外部リンク[編集]