サマーフレッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サマーフレッシュ
ミカン属 Citrus
交配 ハッサク × ナツミカン
品種 サマーフレッシュ
開発 農林水産省果樹試験場興津支場
(現:農研機構果樹茶業研究部門カンキツ研究興津拠点)

サマーフレッシュ柑橘類の一種。タンゼロ類に分類される栽培品種である。1947年静岡県庵原郡興津町(現:静岡市清水区興津地区)の農林省園芸試験場[1]において、ハッサクナツミカン交配した実生を育成し、選抜を経て1982年10月21日に品種登録された。[2] 主に三重県御浜町で作られている[3]

特徴[編集]

ミカン科ミカン属常緑小高木。 果実は300~400グラムと大玉で表面は滑らか、果皮はハッサクよりやや淡い橙黄色である。 果皮の厚さは6~7 ミリメートルとブンタン類の中では薄い方で、剥皮性はハッサクと同程度である。 果肉はハッサク、ナツミカンより淡い淡黄色で、肉質は硬くしまっていて、 果汁はハッサクより多く、ナツミカンより少ない。果汁の糖度は12%前後と高いが酸度も高く、またわずかな苦みもあって、さっぱりとした味わいの中に旨みもある、生食に向いたミカンである[2][3]

生産[編集]

三重県御浜町で生産されている。 2010年の収穫量は190トンである[4]。 全国的にミカンの収穫はハウスもの以外は6月から9月まで行われないが、サマーフレッシュは柑橘類の中でも極めて晩生な品種であり、成熟期は6月で6~8月に出荷される。 また、そうか病かいよう病などの病害虫に強く有機栽培向きである[2][5]

脚注[編集]

  1. ^ 品種登録時:農林水産省果樹試験場興津支場、現:農研機構果樹茶業研究部門カンキツ研究興津拠点
  2. ^ a b c 農林水産省登録品種データベース2013年6月13日閲覧
  3. ^ a b 三重県農林水産部公式ウェブサイト2013年6月13日閲覧
  4. ^ 農林水産省特産果樹生産動態等調査2013年7月23日閲覧
  5. ^ 農林水産省広報誌 aff11年9月号 お宝!日本の「郷土」食 14 三重県御浜町2013年6月13日閲覧

外部リンク[編集]