メキシカンライム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メキシカンライム
Key lime.jpg
メキシカンライム
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ムクロジ目 Sapindales
: ミカン科 Rutaceae
: ミカン属 Citrus
: メキシカンライム C. ×aurantiifolia
学名
Citrus ×aurantiifolia
(Christm.) Swingle

メキシカンライム(Mexican lime)は柑橘類の一種。熱帯アジア原産の低木で、ビアソング英語版枸櫞の交配種[1]。果実は食用。別名としてキーライム(Key lime)、マナオが知られている。

概要[編集]

メキシカンライムの木は樹高5mで多くのがある。寒冷地では矮性品種を冬季は屋内において栽培している。葉は卵型で長さが2.5から9cmダイダイの葉に似る。花は直径2.5cmで紫をベースとした白色。花と果実は年間を通してみられるが、北半球では5月から9月が多い。[2][3]

収穫後の保管[編集]

賞味期限は、マーケティングにおいて重要な考慮事項である。メキシカンライムは収穫後もかなりの長期間熟しており、通常75〜85%の相対湿度で12.5〜15.5℃(55〜60°F)の間で保管される。生長調節剤、果物ワックス、殺菌剤、精密冷却剤、カルシウム化合物、硝酸銀、および特別な包装材料の適用など、特別な手順を使用して保存期間を延ばすことができる。好ましい保存条件は、9-10℃(48-50°F)の温度および85%以上の湿度であるが、理想的な条件下でさえ収穫後の損失率は高い。

インドの生産農家は小規模で、上記の様な保管法が使えないが、ヤシ油のコーティング等によってコンスタントに市場に出荷されている[4]

中東では、メキシカンライムを塩水で茹で乾燥させ、調味料として使われる乾燥ライムを製造している。

脚注[編集]

  1. ^ Nicolosi, E.; Deng, Z.N.; Gentile, A.; La Malfa, S.; Continella, G. & Tribulato, E., 2000, Citrus phylogeny and genetic origin of important species as investigated by molecular markers. Theoretical and Applied Genetics 100(8): 1155–1166. doi:10.1007/s001220051419 (abstract in HTML)
  2. ^ P. Golob; Food and Agriculture Organization of the United Nations (1999). “Alphabetical List of Plant Families with Insecticidal and Fungicidal Properties”. The use of spices and medicinals as bioactive protectants for grains. Food & Agriculture Org.. pp. 13–. ISBN 978-92-5-104294-6. https://books.google.com/books?id=99B3ktmecWAC&pg=PA13 2011年6月19日閲覧。.  Webarchive mirror
  3. ^ Citrus aurantiifolia Swingle. Hort.purdue.edu. Retrieved on 2011-06-19.
  4. ^ Bisen A., Pandey S.K., Patel N.: Effect of skin coatings on prolonging shelf life of kagzi lime fruits (Citrus aurantiifolia Swingle). Journal of Food Science Technology (2012) 49(6).753-759. (page 139–145)