文旦漬け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

文旦漬け(ぼんたんづけ)は、ブンタン(ザボン)の皮を砂糖で煮詰めて砂糖漬けにした菓子。

製品[編集]

九州ではブンタンの加工品がお土産として販売されている[1]。1709年の『大和本草』にはブンタン(ザボン)は朱欒(ザンボ)として記されており、酸味が強いため砂糖を加えて菓子にするという記述がある[1]

文旦漬けは鹿児島県に伝わる郷土菓子で、鹿児島市の文旦堂の初代坂之上次助が1869年(明治2年)にはじめて商品化した[2]。また、川内市の笹野仙助によって作られたのが始まり[3]ともされる。

ざぼん漬けザボン漬けとして、長崎県各地や大分県別府市でも特産品・名産品となっている[4][5]。別府市では、明治時代初期に鹿児島から製法が伝わったとされる[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b 柑橘歴史散歩・文旦とザボン”. 愛媛県農林水産研究所. 2021年2月18日閲覧。
  2. ^ 文旦漬け(ぼんたんづけ)とは”. コトバンク. 2018年10月27日閲覧。
  3. ^ 鹿児島ふるさとのお菓子レシピ[リンク切れ]
  4. ^ 「ナガジン」長崎の物産あれこれ ざぼん漬け”. 長崎市. 2018年10月27日閲覧。
  5. ^ 丸ざほん漬”. 島原からのおくりもの. 島原市. 2018年10月27日閲覧。
  6. ^ “ザボン人気呼び戻せ! イメージ、売り方新しく”. 大分合同新聞. (2018年6月14日). https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2018/06/14/JD0057002089 

関連項目[編集]