ブッシュカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブッシュカン
Buddhahand.jpg
ブッシュカン "closed hand" form
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ムクロジ目 Sapindales
: ミカン科 Rutaceae
: ミカン属 Citrus
: シトロン C. medica
変種 : ブッシュカン var. sarcodactylis
学名
Citrus medica var. sarcodactylis
和名
仏手柑(ブッシュカン、ブシュカン)
英名
Buddha's hand

ブッシュカン(仏手柑、学名:Citrus medica var. sarcodactylus)は、ミカン科ミカン属の常緑低木樹で、「カボス」「ユズ」などと同じ香酸柑橘類の一種である。シトロン変種。ブシュカンとも言う。

なお、高知県四万十川流域で栽培されている「ぶしゅかん」は、同じ香酸柑橘類の「餅柚」と呼ばれる品種であり、緑色で球状の果実である。ブッシュカンと区別するため、ひらがな表記としている。ブッシュカンを手仏手柑[1]、ぶしゅかん(餅柚)を丸仏手柑と区別する場合もある。

特徴[編集]

インド東北部原産。果実は芳香があり濃黄色に熟し、長楕円体で先がのように分かれる。名称はその形を合掌する両に見立て、「の手」と美称したもの。学名とは別に、英語では「Buddha's hand」「fingered citron」とも呼ばれる。

暖地で観賞用に栽植されるほか、食用・薬用ともされる。身が少ないので生食には向かず、一般的に砂糖漬けなどで菓子にしたり、乾燥させて漢方薬にしたりして利用される。

日本における2010年の収穫量は5.0 トンであり、その全てが鹿児島県において生産されている[2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ぶしゅかんってなに四万十ぶしゅかん(2018年3月28日閲覧)
  2. ^ 農林水産省特産果樹生産動態等調査2013年7月23日閲覧
ブッシュカン"open hand" form