モヒート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モヒート
15-09-26-RalfR-WLC-0067.jpg
基本情報
種別 ロングドリンク
作成技法 ビルド
無色透明
グラス Highball Glass (Tumbler).svg   タンブラー
アルコール度数
度数 Barometer 004.svg
レシピの一例
ベース ラム
装飾材料 ミント
材料
ラム …… 40ml
ライムジュース …… 30ml
ミント …… 6つ
砂糖 …… 2tsp
炭酸水 …… 適量
テンプレートを表示

モヒートスペイン語: mojito)とは、ラムをベースとした、冷たいタイプロングドリンクに分類されるカクテルの1種である。キューバハバナが発祥の地である。有名なカクテルであり、いくつかのレシピがある。

由来[編集]

新大陸として注目されていたアメリカ諸国から得られる富をコントロールする名目で、英国女王エリザベス1世が、スペイン領の都市を略奪する海賊達の手助けをしていた16世紀後半、海賊フランシス・ドレークの部下であるリチャード・ドレーク[2]が、1586年にモヒートの前身となる飲み物「ドラケ(draque)」をキューバの人々へ伝えた、という説が有力[3]

その説によるとドラケのレシピは、アグアルディエンテ英語版サトウキビを原料とする蒸留酒で、荒削りなラムの前身)と砂糖ライムミントを混ぜ合わせる、となっている[4]。また、ドラケは、ハバナを過去最悪のコレラが襲ったときに、木製のスプーンと共に提供され、医療目的でも消費されていたとされる。

19世紀後半、ドン・ファクンド・バカルディによって生み出されたホワイトラム、バカルディラムがキューバ国内で流行し、ドラケのレシピに使用されていたアグアルディエンテが、バカルディに切り替えられ[5]て、モヒートという人気カクテルとなった[4]1931年発行のSloppy Joe's Bar in Havanaのカクテルブック[6]にて、モヒートがバカルディラムのカクテルとして掲載されていた事が、エスクワイア誌のデータベースに記録されている[7]

但し、バカルディ社はキューバ革命に伴い1960年にキューバより撤退したため、以降キューバ国内で飲まれているモヒートにはハバナ・クラブが使用されている。

起源について他の説としては、キューバのさとうきび畑で働く労働者の間で飲まれていたグアラポと呼ばれるさとうきび・ジュースが発展したものであるというものもある[8]

モヒートの語源は、スペイン語のmojar (濡らす)に由来するとされる[9]

レシピ[編集]

タンブラーにミントの葉、ライム(レモンを使うこともある)、砂糖を加え、ペストルと呼ばれる擦りこぎ棒またはバースプーンで潰す。この時あまり力を加えすぎないようにする。その上にラムとソーダ水(トニック・ウォーターを使うこともある)、氷を追加する。ライムの皮を入れずにジュースだけを入れたり、ソーダを入れなかったり、砂糖が少ないレシピもあるので、自分の好きな味を探すと良い。ただし、ライムと砂糖は多めに入れたほうが、氷が溶けても水っぽくならないので、全体に厚みが出る。

溶けにくく、サイズも豊富にある純氷を使えば砕く手間も省け、ほとんど無味無臭なので素材そのものの味を引き立てる。

アーネスト・ヘミングウェイが愛したことでも有名で、彼の好んだレシピはドライ・ラムにライム、ミントの葉、砂糖ではなくシロップに2ダッシュビターズであった。ミントの葉は乳鉢ですり潰し、すべてを豪快に混ぜて供されたという。

日本でもベーシックなモヒートだけでなく、ラム・ミント・ライム・砂糖にフルーツなどを加えた様々なバリエーションを施したモヒートが広まりつつある。2013年6月30日には映画『ラム・ダイアリー』が公開されたこともあり、バカルディ・ジャパンが缶入りカクテル「バカルディ モヒート」「バカルディ キューバリブレ」と映画のタイアップキャンペーンを開催[10]を展開した。

モヒートが有名な店[編集]

ラ・ボデギータ・デル・メディオ

ハバナの旧市街のバー「ラ・ボデギータ・デル・メディオ英語版」がモヒートを出す店として有名である。1940年代にヘミングウェイもこの店に通い、「わがダイキリフロリディータ英語版にて、わがモヒートはボデギータ英語版にて」との言葉を残した[11](ラ・フロリディータは、同じくハバナ旧市街にある有名なバーの名称である)。

銀座300BAR」は、世界でもトップクラスの年間約40,000杯のモヒートを販売し、またキューババーテンダー協会の会長フェルナンデス氏から本場の味のレクチャーを受けたことから、2017年7月20日にキューバ大使館から日本初のモヒート認定証を授与されました。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ソーダ水を入れない場合の度数。

出典[編集]

  1. ^ おうちでカクテル P.153
  2. ^ Barty-King, Hugh and Massel, Anton: Rum Yesterday and Today, Heidelberg Publishers Limited, Great Britain, 1983
  3. ^ The Mojito Company
  4. ^ a b Fernando G. Campoamor <<El Hijo Alegre de la Cana de Azucar: Biografia del ron Cubano>>, Ministro de Cultura, Editorial de Cientifico-Tecnica, La Habana, 1985
  5. ^ Villoch, Federico: <<La Boca del Morro>>, en Diario de la Marina, La Habana, 28 de octubre de 1940
  6. ^ De Baralt, Blanche Z.: Cuban Cookery including Cuban drinks, Editorial Hermes, Havana, 1931
  7. ^ Esquire Institute of Advanced Mixology
  8. ^ Cookboo Profile - Mojito
  9. ^ "mojito" at Dictionary.com
  10. ^ 日本食糧新聞電子版2012/07/02 10683号8面バカルディジャパン、缶カクテル2品対象に映画とタイアップキャンペーン実施
  11. ^ Webマガジン幻冬舎:カクテル誕生秘話:カリブ海の酒モヒート

参考文献[編集]

外部リンク[編集]