ジョッパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジョッパ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ムクロジ目 Sapindales
: ミカン科 Rutaceae
: ミカン属 Citrus
和名
ジョッパ
英名
Joppa

ジョッパ(Joppa, Joppa sweet orange)とは、柑橘類オレンジ類の品種のひとつである。名称はパレスティナヤッファにちなむ。

概説[編集]

ジョッパは、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンガブリエル・バレーに住んでいたA.B.Chapmanが、ジョッパから得た柑橘類の種子を1877年にまいて育成した品種である[1]

果実は、ほぼ球形で、大きさは7センチメートル大、重量は200グラム程度。

果皮は、表面が滑らかで、熟すと淡いオレンジ色となる。なお、果皮の厚さは4ミリメートル程度である。

果肉は、黄色味がかったオレンジ色で、比較的果汁が多い。なお、5個か6個程度の種子を含んでいることが多い。

オレンジの品種の中では、中熟種に属し、日本では2月頃に熟する[2]

しかし、日本で栽培するには耐寒性に欠けており、冬の寒さで果実が次々と落ちてしまうため、商業ベースでの栽培は難しい。

現在はカリフォルニア州でも栽培はされていない。

福原オレンジとの関わり[編集]

ジョッパは、1899年に小松精一によってアメリカから日本に持ち込まれた[1]

しかし、ジョッパは耐寒性が低く、日本で栽培しようとしても果実が成熟する前に、冬季の寒気のために次々と果実が落ちてしまった[2]ため、日本での商業ベースでの栽培は難しいとされた。

日本に持ち込まれてから約10年後の1909年頃(正確な年は不詳)に、福原鼎司が自園のユズを台木としてジョッパを高接ぎ[注釈 1]したことがきっかけで、日本でも栽培できるくらいに耐寒性を備えた「福原オレンジ」という品種が誕生した[2][3]

なお、このような経緯から、福原オレンジの形質はジョッパに似ている[2]

注釈[編集]

  1. ^ 高接ぎとは、接ぎ木を行う位置による接ぎ方の分類。幹を切って木の根元付近に接ぐ普通つぎとは違って、もっと高い場所の枝や幹に接ぐのが高接ぎである。なお、高接ぎを行う場所は、通常は枝や幹の太い部分が選択される。

出典[編集]

  1. ^ a b 果樹園芸大事典編集委員会 『果樹園芸大事典(訂正追補 第4版)』 p.1077 養賢堂 1980年1月10日発行
  2. ^ a b c d 果樹園芸大事典編集委員会 『果樹園芸大事典(訂正追補 第4版)』 p.1078 養賢堂 1980年1月10日発行
  3. ^ 久保 利夫 『原色果実図鑑』 p.47 保育社 1962年1月15日発行

参考文献[編集]

  • 果樹園芸大事典編集委員会(佐藤 公一、森 英男、松井 修、北島 博、千葉 勉 編著) 『果樹園芸大事典(訂正追補 第4版)』 養賢堂 1980年1月10日発行

外部リンク[編集]