果肉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

果肉(かにく)とは、被子植物果実のうち、漿果核果など動物に摂取されて種子散布を行うものの中で、多肉質で糖分脂肪等の栄養素や水分を蓄積し、種子散布に与る動物を誘引する機能を持ち、動物の食物となる部分を指す。また特に人間の生活において、野菜果物として食用になる栽培植物の果実の、多肉多汁の食用部分を指す。

果肉となる部分はモモメロンのように果皮の中層、つまり中果皮に由来するもの、柑橘類のように果皮の内面に密生した毛に由来するもの、スイカバナナのように胚珠を生じる胎座に由来するもの、リンゴナシオランダイチゴのように花托に由来するもの(偽果)、ライチーのように珠柄から発達した仮種皮に由来するものと様々である。

[編集]

関連項目[編集]