花托

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
3種類のタイプの花における子房(赤色)と花托(灰色) の関係: (I)子房上位, (II)子房周位, (III)子房下位

花托(かたく、花床[1]:Receptacle)は、植物の器官である。

被子植物[編集]

花托は、被子植物においてが厚くなった、そこからが育つ部分である。ナシ状果イチゴ等の偽果では、花托は果物の可食部に育つ。

キイチゴ属の果実は、円錐形の花托の頂上についた小核果の集合体である。ラズベリーを摘むと花托は果実から離れるが、ブラックベリーでは果実についたままとなる[2]

また、イチゴイチジクの食用部分は花托が発達して出来たものである[1]

藻類[編集]

Receptacles at the end of Fucus branches

英語のReceptacleという言葉は、藻類、特にヒバマタ目褐藻における分枝の末端の構造で、生殖器巣(Conceptacle)と呼ばれる生殖器官を含む特別な組織のことも表す[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 日本国語大辞典,世界大百科事典内言及, ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,デジタル大辞泉,大辞林 第三版,日本大百科全書(ニッポニカ),精選版. “花托とは” (日本語). コトバンク. 2020年10月3日閲覧。
  2. ^ Blackberry and RaspberryMark Rieger
  3. ^ Fletcher, R.L. (1987). Seaweeds of the British Isles. Volume 3, Part 1. Natural History Museum, London. ISBN 0-565-00992-3

関連項目[編集]