シークヮーサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シークヮーサー
Shikwasa-1.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ムクロジ目 Sapindales
: ミカン科 Rutaceae
: ミカン属 Citrus
: ヒラミレモン C. depressa
学名
Citrus depressa
(Hayata)
和名
ヒラミレモン

シークヮーサー和名:ヒラミレモン(平実檸檬)、学名:Citrus depressa閩南語酸桔仔 sng-kiat-á)は、ミカン科常緑低木柑橘類沖縄方言で「シー」は「酸い」、「クワス」は「食わし」の意味で[1]、「シークヮーサー」という名称は酸食わしという意味になる。

特徴[編集]

琉球諸島及び台湾に自生する。高さは5メートルほど。花期は4月直径3センチメートルほどの白いを咲かせる。結果は7月頃から。通常は、果皮が緑色の時期に青切りで収穫する。 果実は皮が薄く25 - 60グラムほどで、温州ミカンを小型にしたような姿をしている。未熟果は酸味が強いが、完熟するとオレンジ色に色づき甘くなる。熟したものをクガニーと呼ぶ場合があるが、厳密にはシークヮーサーとクガニーは種類が違う。

台湾東南アジアで栽培されている四季橘(しききつ、カラマンシー)と味や果実の形状が似ているため混同されやすいが、四季橘にはほとんどノビレチンが含まれておらず成分検査を行なうとフロレチンが検出される事が明らかとなっている。

シークヮーサーの葉と未熟果
沖縄県西表島

利用[編集]

日本では沖縄県が特産でよく栽培されている。沖縄県ではレモンの代わりに果汁を飲み物や料理、醤油に加えるなどして使用している。しぼり汁を泡盛に加えて楽しむこともある。シークヮーサーに多く含まれるフラボノイドの一種ノビレチンにはがん抑制効果があるとされており[2][3][4]健康食品として加工され流通している。 缶入りや瓶入りの果汁、シークヮーサーソーダやシークヮーサー果汁入りの缶チューハイなども販売されている。

食用以外では、芭蕉布を織り上げた際に、そのままでは固い布を未熟なシークヮーサーの果汁で洗浄し、余剰の有機物をで溶かして柔らかくする用途に利用されていた。

表記[編集]

シークヮーサーという名称は沖縄方言に基づくため発音の解釈によって表記揺れが激しく、一定しない。食品メーカーや店舗で商品名等にバラつきが生じている。日本果汁協会では"シークヮーサー"表記を標準の表記として協会誌等で取り扱っている。

シークヮーサー 表記ゆれ.png

脚注[編集]

  1. ^ 首里・那覇方言データベース
  2. ^ Minagawa A, Otani Y, Kubota T, Wada N, Furukawa T, Kumai K, Kameyama K, Okada Y, Fujii M, Yano M, Sato T, Ito A, Kitajima M (2001). “The citrus flavonoid, nobiletin, inhibits peritoneal dissemination of human gastric carcinoma in SCID mice”. Jpn J Cancer Res 92 (12): 1322-1328. PMID 11749698. 
  3. ^ Sato T, Koike L, Miyata Y, Hirata M, Mimaki Y, Sashida Y, Yano M, Ito A. (2002). “Inhibition of activator protein-1 binding activity and phosphatidylinositol 3-kinase pathway by nobiletin, a polymethoxy flavonoid, results in augmentation of tissue inhibitor of metalloproteinases-1 production and suppression of production of matrix metalloproteinases-1 and -9 in human fibrosarcoma HT-1080 cells”. Cancer Res 62 (4): 1025-1029. PMID 11861377. 
  4. ^ Yoshimizu N, Otani Y, Saikawa Y, Kubota T, Yoshida M, Furukawa T, Kumai K, Kameyama K, Fujii M, Yano M, Sato T, Ito A, Kitajima M (2004). “Anti-tumour effects of nobiletin, a citrus flavonoid, on gastric cancer include: antiproliferative effects, induction of apoptosis and cell cycle deregulation”. Aliment Pharmacol Ther 1: 95-101. doi:10.1111/j.1365-2036.2004.02082.x. PMID 15298613. 

参考文献[編集]

  • 島袋敬一編著 『琉球列島維管束植物集覧【改訂版】』 九州大学出版会、1997年、299頁、ISBN 4-87378-522-7