シトロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シトロン
Chinesische Zedrat Zitrone.jpg
シトロンの果実
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ムクロジ目 Sapindales
: ミカン科 Rutaceae
: ミカン属 Citrus
: シトロン C. medica
学名
Citrus medica
L.
和名
シトロン
丸仏手柑(マルブシュカン)
英名
Citron

シトロン(学名:Citrus medica)はミカン科ミカン属の常緑低木樹。漢名は枸櫞(くえん)。レモンと類縁関係にある。マルブシュカンとも言う[1]。漢字で書くと丸仏手柑[2]ミカン科常緑小高木レモンと似ているが葉や果実がより大きく,香りもより強い。ブッシュカンの日本在来種で、九州南部の海岸地帯で栽培。寒さに弱く、枝にとげがあり、葉は楕円形。花は薄紫色。果実は長卵形でひだがあり、鮮黄色の広楕円形で冬に熟す。酸味が強く生食できない。果実は砂糖煮、果汁は飲料、果皮や葉は香料にし、またクエン酸をとる。

特徴[編集]

原産はインド東部、ガンジス川上流の高地。しかし紀元前にはすでにローマ中国に伝来していた。またアメリカ大陸にはコロンブスによる到達以降に伝わった。日本では「本草図譜」(1828年)に記載されているので、江戸時代以前に伝わっていたと思われる。

枝にはとげが多い。葉は淡黄緑色、細長い楕円形で縁に細かいぎざぎざ(鋸歯)がある。新芽や花は淡紫色を帯びている品種が多く、花弁は細長い。

熟した果実の表面は黄色く、形状は品種により様々だが、一般に紡錘形で重さは150 - 200g。また頂部に乳頭が発達している。果皮はやわらかいが分厚く、果肉が少なく、果汁も少ない。また果肉がかなりすっぱい品種とそうでない品種がある。

ユダヤ教では一部の品種の果実をエトログヘブライ語:אֶתְרוֹג)と呼び、「仮庵の祭り」で新年初めての降雨を祈願する儀式に用いる四種の植物の1つとする。

21世紀現在のフランス語でシトロン(Citron)と言った場合は本種ではなくレモンを指す。現在のフランス語でシトロンを示す場合はセドラ(Cédrat)と呼ぶ。

ブッシュカン(仏手柑)はシトロンの変種 (C. medica var. sarcodactylus) である。

利用[編集]

果汁は飲料に使われたり、クエン酸の原料にされたりする。果皮は香料の原料とする他、砂糖漬けに加工され、シュトレンパネットーネスフォリアテッレカンノーロなどの洋菓子に用いられる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本国語大辞典,世界大百科事典内言及, ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,デジタル大辞泉,百科事典マイペディア,栄養・生化学辞典,世界大百科事典 第2版,大辞林 第三版,日本大百科全書(ニッポニカ),精選版. “シトロンとは” (日本語). コトバンク. 2019年10月20日閲覧。
  2. ^ 日本国語大辞典, デジタル大辞泉,大辞林 第三版,動植物名よみかた辞典 普及版,精選版. “丸仏手柑(マルブシュカン)とは” (日本語). コトバンク. 2019年10月20日閲覧。

関連項目[編集]