シュトレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドイツのシュトレン
スライスしたオランダのシュトレン

シュトレン: Stollen)は、ドイツ菓子パン。オランダ語ではストルstol)と呼ばれる。シュトーレンとも表記されるが、ドイツ語の発音規則としては正しくないとされる[1]。ドイツとオランダでは伝統的にクリスマスに食べられる食品で、その時期で売られるものはクリスマスのシュトレン(: Christstollen, Weihnachtsstollen: kerststol)という。

概要[編集]

一般にシュトレン発祥の地はザクセン州ドレスデンと言われているが、シュトレンの原点となる食べ物の最古の記録は、14世紀の1329年、ナウムブルク(Naumburg)の 当時の司教へのクリスマスの贈り物であるとされている。ドレスデンでシュトレンの名前が使われるようになったのは、ナウムブルクの記録から150年後である[2]

シュトレンという名前はドイツ語で「坑道」を意味し、トンネルのような形をしていることからこの名前がつけられた。生地には酵母の入った生地に、レーズンとレモンピール、オレンジピールナッツが練りこまれており、焼き上げたケーキの上には真っ白くなるまで粉砂糖がまぶされている[3]。その形が幼子イエスを産着で包んでいるように見えると言われている[2]

ドイツでは、クリスマスを待つ4週間のアドヴェント待降節)の間、少しずつスライスして食べる習慣がある[4]。フルーツの風味などが日ごとにパンへ移っていくため、「今日よりも明日、明日よりも明後日と、クリスマス当日がだんだん待ち遠しくなる」とされている[5]。西フランスのアルザス地方でも食べられ、地方の代表的な菓子とされている[6]。 ドレスデンでは、クリスマス時期の第2アドヴェント前の土曜日に、巨大なシュトレンがパレードするシュトレン祭(Stollenfest)が開催されている[7] [8]

日本ではじめて製造・販売したのは福岡の千鳥饅頭総本舗だと言われている[9]

ドイツで作られる主なバリエーション[編集]

  • マンデルシュトレンMandelstollen):アーモンドパウダーなどを練りこんだもの
  • マルジパン / ペルシパンシュトレンMarzipanstollen / Persipanstollen):マジパン、もしくはペルシパンを練りこんだもの
  • モーンシュトレンMohnstollen):ケシの実を練りこんだもの
  • ヌッスシュトレンNussstollen):各種ナッツを練りこんだもの
  • ブターシュトレンButterstollen):外側にバター、中にレーズン・アーモンド・ドライフルーツを練りこんだもの
  • クワルクシュトレンQuarkstollen):クワルクチーズ、フレッシュチーズなどのチーズ製品を練りこんだもの

オランダのシュトレンはほぼ全てが一種のマルジパンシュトレンである。

脚注[編集]

関連項目[編集]

  • ケルストストル英語版 - オランダにおいて、クリスマスを待つアドベントの時期などに食される菓子パン。英語圏や日本では「シュトレンに似た別の菓子」とされることが多いが、実際には本記事冒頭のようにオランダ語で「クリスマスのシュトレン」という意味であり、シュトレンとほぼ同一の菓子である。
  • ドイツ料理
  • クリスマスケーキ