メノーラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キッパーとメノーラー

メノーラーメノラーמְנֹרָה mənôrāh, menuroh, menorah)は「燭台」と訳される。

7枝(厳密には中央の1本は枝ではないので6枝[1])のものをいい、ハヌカーに用いられる8枝(左右に4本づつ枝が伸びて中央と合わせて9つ火皿がある)のものはハヌッキーヤーという。

聖書における起源[編集]

歴史[編集]

早くからユダヤ教の象徴的存在となり、シナゴーグの床におけるモザイクエリコのシナゴーグが有名)、柱頭石棺、その他の器具に模様が描かれるようになった。

ローマに残るティトゥスの凱旋門には、エルサレムの破壊の際にエルサレム神殿からローマ兵がメノーラーなど多数の戦利品を運び出す画面が薄浮き彫りで描かれている。この浮き彫りのメノーラーは、エルサレムの受難の象徴となり、後にはイスラエルの国章にも採用されている。

脚注[編集]

  1. ^ 『出エジプト記』第25章32節にはっきり「6本の枝」と記述あり。以後の記述で「火皿は7つ」ともあるので中央は枝扱いでないと分かる。

外部リンク[編集]