ティトゥスの凱旋門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Rmn-social-header-1-.svg
ティトゥスの凱旋門
Arcus Titi
(Arco di Tito)
Forum Romanum Titusbogen BW 1.JPG
所在地 フォルム・ロマヌム
建設年 82年
建設者 第11代皇帝ドミティアヌス
建築様式 凱旋門
Blue pog.svg
'
Red pog.svg
フォルム・ロマヌム内での位置(赤丸)
修復前の18世紀の姿

ティトゥスの凱旋門(ティトゥスのがいせんもん、ラテン語: Arcus Titiイタリア語: Arco di Tito)は、イタリアローマフォルム・ロマヌムにある古代ローマ時代の凱旋門。82年、ローマ帝国第11代皇帝ドミティアヌスにより、先代皇帝でドミティアヌスの兄でもあるティトゥスエルサレム攻囲戦等での戦功を称えるため建てられた。

この凱旋門は、16世紀以降に建てられることとなる凱旋門のスタイルの手本とされ、その中には有名なパリのエトワール凱旋門などがある。

中世、フランジパニ家英語版が、この凱旋門を砦に造り替えた[1]。また、近世において初めて復元作業が行われた建物のうちのひとつでもある。修復事業は、ローマ教皇ピウス7世のもとで1817年に建築家ラファエル・スターン(Raffaele Stern)が取り掛かり、ジュゼッペ・ヴァラディエール英語版が引き継いで、1821年に(建設時と異なる方式の)トラバーチンを用いた組積造にて完了した[1]

凱旋門に使われている円柱は、縦溝の有るものと無いものがあり、後者は19世紀の修復で造られたものである[2]

碑文[編集]

フォルム・ロマヌスの広場側の碑文は

SENATVS
POPVLVSQVE·ROMANVS
DIVO·TITO·DIVI·VESPASIANI·F
VESPASIANO·AVGVSTO
(日本語意訳)ローマの元老院と市民は、神聖なウェスパシアヌスの子で、神聖なティトゥス・ウェスパシアヌス・アウグストゥス(にこの門を捧げる)

逆側の碑文は19世紀の修復時に刻まれたもので

INSIGNE · RELIGIONIS · ATQVE · ARTIS · MONVMENTVM
VETVSTATE · FATISCENS
PIVS · SEPTIMVS · PONTIFEX · MAX
NOVIS · OPERIBVS · PRISCVM · EXEMPLAR · IMITANTIBVS
FVLCIRI · SERVARIQVE · IVSSIT
ANNO · SACRI · PRINCIPATVS · EIVS · XXIIII
(日本語意訳)宗教上及び芸術上、稀有な建築物(であるこの門は)時を経て劣化した。ローマ皇帝ピウス7世は、遺跡修復のモデルケースとして補強及び保存を命じた。(皇帝の)聖なる治世24年目のことである

参考文献[編集]

  1. ^ a b A Let's Go City Guide: Rome, p. 76, Vedran Lekić, 2004; ISBN 1-4050-3329-0
  2. ^ Art and Architecture of the Roman Empire. Bellona Books. 2006. pp. 45–48. ISBN 978-0-9582693-1-5.

座標: 北緯41度53分27秒 東経12度29分19秒 / 北緯41.890717度 東経12.488585度 / 41.890717; 12.488585