レギア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Rmn-social-header-1-.svg
レギア
Regia
Regia 02.JPG
所在地 フォルム・ロマヌム
建築様式 王の執務室、最高神祇官公邸

レギアラテン語: Regia)はイタリア ローマフォルム・ロマヌムにある王政ローマ時代には王の執務室、また共和政ローマ帝政ローマ時代には最高神祇官の公邸であった建物のこと。ウェスタ神殿ディウウス・カエサル神殿アントニヌス・ピウスとファウスティナ神殿に囲まれた場所にあり、現在ではその基礎部分が残っているだけである。クリアと同じく、長い古代ローマ時代に何度も建て替えられ、最も古いものは王政時代まで遡ることができる。

伝説によれば、最初の建物は第2代の王ヌマ・ポンピリウスの時代に王宮として建てられたそうである[1]。このとき同時にウェスタ神殿巫女たちの家なども建てられ、国の政治・宗教の中枢地区フォルム・ロマヌムを形成した。

共和政ローマ時代には最高神祇官の公邸となり、(複数名が任命され権限が制限される執政官としてではなく、国で唯一名の最高神祇官の肩書を用いて国の統治を意図した)ガイウス・ユリウス・カエサルも、この公邸の主となり国を統治した。

また、レギアは神官団の公文書館の役割も果たしており、祈祷や犠牲など宗教儀式に関する文書や聖なる日を定める暦、国事記録、結婚や死去、相続に関する記録文書などが保管されていた。

紀元前390年[2]、前148年、前36年に火災等により焼失し再建されている。カエサル没後8年の前36年の焼失時には、アウグストゥスの側近であったグナエウス・ドミティウス・カルウィヌスにより再建された。

現在見られる遺跡は、幾度もの焼失や倒壊を経て、当初とは別の位置に建て替えられたもので、変則的な形の中庭を持つ建物で、凝灰岩で舗装され木造屋根のポルティコを持った建物であった。この建物は7世紀から8世紀頃に一般住居に改築されていたと考えられている。

参考文献[編集]

  1. ^ Ovid Fasti 6.263; Tacitus Annales 15.41; Cass. Dio fr. 1.6.2; Plutarch Numa 14; Festus L 346-348
  2. ^ Mem. Am. Acad. ii.59-60