ディウウス・カエサル神殿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Rmn-social-header-1-.svg
ディウウス・カエサル
Aedes Divi Iulii
(Tempio del Divo Giulio)
Temple of Caesar 3D.jpg
想像図
所在地 フォルム・ロマヌム
建設年 紀元前29年
建設者 初代皇帝アウグストゥス
建築様式 神殿
テンプレートを表示
カエサル神殿現況

ディウウス・カエサル神殿ラテン語: Aedes Divi Iuliiイタリア語: Tempio del Divo Giulio)はローマフォロ・ロマーノラテン語: Forum Romanum)にある古代の建築物である。紀元前29年8月29日に、アクティウムの海戦に勝利したオクタウィアヌス(後の初代皇帝アウグストゥス)が神君カエサルを記念して建てたプロスタイル式(前柱廊下式)の神殿。日本語で神君カエサル神殿と表記されることもある。

フォルム(中央の広場)の東に面しており、レギアカストルとポルックス神殿バシリカ・アエミリアに囲まれた場所にあり、カエサルの遺体が火葬された場所に建てられている。神殿の一段上がったところはロストラ(演壇)が作られており、アクティウムの海戦で捕縛した船の船首で飾られていたという。この神殿はまた、カエサルの死後(の紀元前44年)に出現した彗星を祀るものでもあり、この彗星はカエサルの魂であるとも、初代ローマ皇帝アウグストゥスの出現を表すものとも言われていた。