レモンの花咲くところ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
『レモンの花咲くところ』
ドイツ語: Wo die Zitronen blühen
Johann Strauss II op.364 Wo die Citronen blüh'n!.pdf
パリ・Heugel社版のピアノ譜表紙。『ベラ・イタリア(レモンの花咲くところ)』と併記されている
ジャンル ウィンナ・ワルツ
作曲者 ヨハン・シュトラウス2世
作品番号 op.364
初演 1874年5月9日

レモンの花咲くところ』(レモンのはなさくところ、ドイツ語: Wo die Zitronen blühen作品364は、ヨハン・シュトラウス2世が作曲したウィンナ・ワルツ

邦題[編集]

レモンの花咲くところ』と訳すのが正しいとされるが、『シトロンの花咲くところ』という邦題が用いられることも多い。原題「Wo die Zitronen blühen」のうちの「Zitronen」は、しばしばシトロンと訳されるが、シトロンはドイツ語で「Zitronatzitrone」である。通常、「Zitronen」はレモンを意味する。

なお、日本ヨハン・シュトラウス協会は『ヨハン・シュトラウス2世作品目録』(2006年)で邦題を『シトロンの花咲く国』と定めているが、一般的にこの邦題が用いられることはまれである。

楽曲解説[編集]

オペレッタ『こうもり』の初演から1か月後の1874年5月、ヨハン・シュトラウス2世はJ.ランゲンバッハ楽団とともにイタリア王国への演奏旅行に出かけた。当時イタリアでは反ハプスブルク感情が高まっていたが、シュトラウス2世はミラノをはじめとする各都市で大歓迎を受けた[1]。旅の途上のトリノレージョ劇場においてシュトラウス2世は、新作のワルツ『ベラ・イタリア』(美しきイタリアの意)を初演した[1]

ウィーンへ帰還した後、シュトラウス2世はこの『ベラ・イタリア』を『レモンの花咲くところ』と改題した[1]。この曲名は、ゲーテの教養小説『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』に収められている「君よ知るや南の国、レモンの花咲き……」の詩に由来している[1]

第1ワルツ
 \relative b' {
  \new PianoStaff <<
   \new Staff { \key e \minor \time 3/4
    \tempo \markup { 
     \column {
   }
    }
    \partial 4 d\pp \bar "||" <b d g>4._\markup { \italic dolce } <b d fis>8 <b d fis>4 <b d fis>2 <b d fis>4 <a c fis>4. <a c e>8 <a c e>4 <a c e>2 <c e>4 <c e g>4. <c d fis>8 <c d fis>4 <c d fis>2 <fis, a c>4 <g b e>4. <g b d>8 <g b d>4 <g b d>2 <b d>4
   }
   \new Staff { \key e \minor \time 3/4 \clef bass
    r4 <g,, g'> <g' b d> <g b d> <g, g'> <g' b d> <g b d> a, <e' a c> <e a c> a, <g' a c> <g a c> <a, a'> <d a' c> <d a' c> <d d,> <d a' c> <d a' c> g, <d' g b> <d g b> g, <d' g b> <d g b> }
  >>
 }

ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 加藤(2003) p.192

参考文献[編集]

外部リンク[編集]