安芸の輝き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:果実の画像提供をお願いします。2012年12月

安芸の輝き(あきのかがやき)とは、広島県が育成したデコポンである。広島県は瀬戸内海の温暖な気候に恵まれ、中晩柑類の栽培が盛んであり、シラヌヒも栽培されているが、降水量が少ないために減酸が遅れていた。そこで、珠心胚育種法を用いて、減酸が早い新品種として育成し、2009年03月に品種登録された。

特徴[編集]

減酸が早く、1月下旬に、収穫ができる新品種である。1月中旬の糖度はシラヌヒに比べて平均 0.9°Brix低いが、クエン酸含量は 0.3~0.5%低い。果皮は橙色で、じょうのう膜の硬さは中程度で、種子はなく樹勢は強く、枝梢にトゲは多い[1]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]