Brix

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Brix(ブリックス)値は、主に食品産業のワイン、精糖、果実農業などで、ショ糖(いわゆる砂糖)、果糖転化糖ブドウ糖など、いわゆるの含有量を測るために、糖度として用いられる物理量である。ただし、Brix値は糖度とは同一ではないとする立場もある[1]

Brix値は20℃のショ糖溶液の質量百分率に相当する値で定められている。ショ糖1 gのみを溶質として含む水溶液100 gをBrix屈折計[2]で測定したときその示度 Brix 値が1%である。つまり、質量分率30%のショ糖溶液(100 gの溶液中に30 gのショ糖(水は70 g))では、Brix値が30%となる。

一般的には、Brix値は、糖度として認識される。しかし、ショ糖以外の固形成分を含む溶液では、Brix値は固形成分濃度の目安になるが、ショ糖以外の糖成分、糖成分以外(例えば食塩)も屈折作用を持つため、そのまま糖の量(重量分率)となるわけではないことに注意が必要である。ジュースや果汁の可溶固形成分は、果糖ブドウ糖が多く含まれており、実際の糖類の総重量とは異なり、重量を知るには換算する必要がある[3]

測定装置[編集]

Brix計の測定原理は基本的に屈折計糖度計密度計と同じである。

名前の由来[編集]

1897年にドイツ/オーストリア化学者アドルフ・ブリックス英語版 (1798–1870)により紹介されたことに由来する。アドルフ・ブリックスは、ボーリング (°Balling)という同様の糖度単位(ドイツ人化学者のカール・ボーリング(Karl Balling))を元に修正を加え,Brix単位を発表した。その他にもプラート(Plato)、ボーメ(Baume)、エスクレ(Oechsle)などの糖度の単位がある。

脚注[編集]

  1. ^ 株式会社 林原 甘味度と糖度、 Brix
  2. ^ 農林水産省の品質表示基準では糖用屈折計と呼んでいる
  3. ^ http://sugar.alic.go.jp/tisiki/ti_0108.htm