グレープフルーツジュース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グレープフルーツジュース
スライスされたピンクグレープフルーツ。

グレープフルーツジュース: Grapefruit juice)は、グレープフルーツ果実搾ることで得られる、果汁飲料(ジュース)である。

グレープフルーツジュースは、ビタミンCが豊富で、ぴりっとした甘さからとても酸っぱいものもある。様々な種類があり、ホワイトグレープフルーツやピンクグレープフルーツ、ルビーレッドグレープフルーツなどがある[1][2]

なお、そのまま飲用される他にも、例えばスプモーニソルティ・ドッグチャイナ・ブルーなどのように、カクテルの材料として使われる例もある。

薬物との相互作用[編集]

グレープフルーツジュースやグレープフルーツは、シトクロムP450スーパーファミリーを構成する分子種の1つであるCYP3A4を阻害することが知られている。多種多様な薬物の代謝に影響を与え、生物学的利用能を増大させる(つまり薬の作用が想定しているよりも、強くなり過ぎるのである)。例えば、アステミゾールやテルフェナジンでは、致命的な相互作用を起こしたため、それらの医薬品が市場から撤退した一因となった。

主に小腸において、CYP3A4に直接結合して不可逆的に阻害し、その作用は3-4日継続するため、同時に摂取することを禁止するのではなく、服薬前後のグレープフルーツジュースの摂取自体を禁止する必要がある[3]。この作用は、グレープフルーツジュースを最後に飲んでから3日から7日継続する[4]。特に肝硬変や、複数の薬を飲んでいる高齢者では、このグレープフルーツジュースと薬物の相互作用の影響が強く出て、健康被害が生じ易くなる[4]

ある薬剤では、最高血中濃度がグレープフルーツジュースと同時に摂取した場合には約3倍に、グレーププフルーツジュースを5日間定期的に飲んだ後では約5倍である[3]。また異なる薬剤間での血中濃度の高まり方は一律ではなく、大きく異なる[3]シンバスタチンでは、12倍から13.5倍の血中濃度となった[5]

およそ85種類の薬と薬物相互作用を起こし、そのうち約半数の種類の薬では重篤な副作用を起こして、死亡にかかわる危険性がある[5]

グレープフルーツ摂取の影響で、CYP3A4による代謝が阻害される薬剤の種類としては、マクロライド系抗生物質オピオイドカルシウム拮抗剤、多くのベンゾジアゼピン、一部の抗うつ薬抗精神病薬など、他にも多様である。以下のものが挙げられる。なお、すべての列挙ではなく、一部である。

研究は積み重ねられているが、2010年の時点で、医師薬剤師に対して正確な情報が提供されていなかったり、添付文書に最新の知見が反映されていなかったりする[3]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ The World's Healthiest Foods; Grapefruit. The George Mateljan Foundation. Article
  2. ^ Fellers PJ, Nikdel S, Lee HS (August 1990). “Nutrient content and nutrition labeling of several processed Florida citrus juice products”. Journal of the American Dietetic Association 90 (8): 1079–84. PMID 2380455. 
  3. ^ a b c d 奥村勝彦・監修、大西憲明・編著『一目でわかる医薬品と飲食物・サプリメントの相互作用とマネジメント』フジメディカル出版、2010年、改訂版、15-18頁。ISBN 978-4-939048-44-9
  4. ^ a b Owira PM, Ojewole JA (2010). “The grapefruit: an old wine in a new glass? Metabolic and cardiovascular perspectives”. Cardiovasc J Afr 21 (5): 280–5. PMC: 3721883. PMID 20972517. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3721883/. 
  5. ^ a b Chen M, Zhou SY, Fabriaga E, Zhang PH, Zhou Q (April 2018). “Food-drug interactions precipitated by fruit juices other than grapefruit juice: An update review”. J Food Drug Anal 26 (2S): S61–S71. doi:10.1016/j.jfda.2018.01.009. PMID 29703387. https://doi.org/10.1016/j.jfda.2018.01.009. 
  6. ^ Sugimoto K, Araki N, Ohmori M, et al. (2006). “Interaction between grapefruit juice and hypnotic drugs: comparison of triazolam and quazepam”. Eur. J. Clin. Pharmacol. 62 (3): 209–15. doi:10.1007/s00228-005-0071-1. PMID 16416305. 

関連項目[編集]