オールド・ファッションド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オールド・ファッションド
15-09-26-RalfR-WLC-0141.jpg
基本情報
種別 ロングドリンク[1]
作成技法 ビルド
琥珀色透明
グラス オールド・ファッションド・グラス
アルコール度数
度数 32度[1][2] 〜 40度[3]
レシピの一例
ベース アメリカンウイスキー
装飾材料 スライス・オレンジ、マラスキーノ・チェリー
テンプレートを表示

オールド・ファッションド(Old Fashioned)は、アメリカンウイスキーベースのカクテルの名。

由来[編集]

アメリカで作られたとされるカクテル。ウィンストン・チャーチルの母が作ったという説と、1800年代にケンタッキーダービーが行われるチャーチルダウンズ競馬場バーテンダーが作ったという説がある。このカクテルやミント・ジュレップを作るときに使うオールド・ファッションド・グラス(ロックグラス)は、毎年ケンタッキーダービーが行われる際に観客に配られ、それを集めているコレクターがいる。

標準的なレシピ[編集]

作り方[編集]

オールド・ファッションド・グラスに角砂糖を入れ、アロマチック・ビターズを振りかけて滲みこませる。氷を入れ、ウイスキーを注ぎ、スライス・オレンジ、マラスキーノ・チェリーを飾る。果物に軽く傷がつく程度に混ぜ、マドラーを添える。レモンやライムなど他のフルーツも合わせて添える場合も多い。

飲み方[編集]

飲み手がマドラーでフルーツや角砂糖を潰し、好みに合わせて味を調整しながら楽しむ。

備考[編集]

  • ライ・ウイスキーをベースに作られることもあるカクテルだが、通常バーボン・ウイスキーで作られる。
  • ライム・スライスやレモン・スライスを加えるレシピもある[1][3][4][5][6]
  • ソーダを加えるレシピもある[6]
  • ビターズを1dash使用するレシピもある[3][4]
  • どのフルーツをどれだけ絞るかによって味を調整できるほか、角砂糖を使用した場合には角砂糖の溶け具合で甘さの調節もできる。飲み手の自由度が高いカクテルである。

逸話[編集]

伝説の相場師として知られる投機家、ジェシー・リバモアが生前、好んで飲んでいた。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 桑名 伸佐 監修 『カクテル・パーフェクトブック』p.238 日本文芸社 2006年2月25日発行 ISBN 978-4-537-20423-0
  2. ^ YYT project 編 『おうちでカクテル』p.161 池田書店 2007年2月20日発行 ISBN 978-4-262-12918-1
  3. ^ a b c 稲 保幸 著 『色でひけるカクテル』p.126 大泉書店 2003年12月18日発行 ISBN 4-278-03752-X
  4. ^ a b ホテルパシフィック東京 監修 『カクテル大全1000』p.21 永岡書店 2008年9月10日発行 ISBN 978-4-522-42269-4
  5. ^ 弘兼 憲史 著 『知識ゼロからのカクテル&バー入門』p.31 幻冬舎 2002年7月10日発行 ISBN 4-344-90033-2
  6. ^ a b 北村 聡 著 『定番から人気の焼酎カクテルまで 基本のカクテル』p.59 世界文化社 2005年12月1日発行 ISBN 4-418-05324-7

関連項目[編集]