キューバ・リブレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
キューバ・リブレ
15-09-26-RalfR-WLC-0056.jpg
基本情報
種別 ロングドリンク
作成技法 ビルド
黒褐色透明
アルコール度数
度数 12度[1] - 13度[2]
レシピの一例
ベース ラム
テンプレートを表示

キューバ・リブレ(Cuba libre)とは、冷たいタイプのロングドリンクに分類される、ラム酒をベースとするカクテルの1つである。瓶詰のコーラを用いるカクテルとしては極めて古いものの一つ[3]

日本では英語スペイン語が混ざって「キューバ・リブレ」と呼ばれることもある他、英語風に「キューバ・リバー[3][4]、スペイン語風に「クーバ・リブレ」または「クバ・リブレ」と呼ばれることもある。本稿では、以降キューバ・リブレの表記を用いる。なお、「キューバ・リバー」と呼ぶ場合に「キューバの河(Cuba River)」と勘違いしていることがある[3]

歴史[編集]

第二次キューバ独立戦争の合言葉として使われた「Viva Cuba Libre(ビバ・クバ・リブレ、キューバの自由万歳)」にちなんで作られたカクテル[3]。第二次キューバ独立戦争は1898年4月に米西戦争となり、アメリカが勝利したことで、スペインはキューバの主権を破棄し、1902年5月20日にキューバは独立して1つの国家としての歴史をスタートする。その独立を祝う為に生まれたカクテルがまさしくキューバ・リブレであった[3]

なお、コカ・コーラの誕生は1886年、瓶詰めとして販売されるようになったのは1894年からである[3]

キューバ・リブレの考案者、発祥は不明であるが、バカルディキューバでは、以下のような説を自社のWebサイトで公開している[5]

キューバ米国軍政府英語版のファウスト・ロドリゲス(Fausto Rodriguez)がしばしば同行させていたアメリカ陸軍通信部隊英語版のラッセル大尉Captain Russell)はハバナのアメリカン・バーでバカルディのラム酒とコカ・コーラとライムを絞ったジュースを飲むのがお気に入りであった。1900年8月のある日、ラッセル大尉のお気に入りは他のアメリカ兵に気付かれ、数分後にはバー全体で飲まれるようになった。その際の乾杯(Toast)の言葉として「スペイン語: por Cuba libre(「キューバの自由」のために)」をラッセル大尉が提案し、これが広まった。

1935年に刊行されたアルバート・スティーブンス・クロケット(Albert S Crockett)のカクテルブック『The Old Waldorf-Astoria Bar Book』には、キューバ・リブレが紹介されている。

1939年チャールズ・H・ベイカー・ジュニア英語版が発表した『The Gentleman's Companion: Being an Exotic Cookery and Drinking』ではアメリカのノースカロライナ州シアトルメキシコシティといった広い範囲でキューバ・リブレ(もしくはラム酒のコーラ割り)が飲まれていることが報告されている[5]。また、アンドリューズ・シスターズによる1945年発売の曲『ラムとコカコーラ英語版』も普及の助けとなった[5]

以来、現在に至るまで、有名なロングドリンクの一つとして世界中で飲用されている。

レシピの例[編集]

例1[6]
  • ラム = 45ml
  • ライム・ジュース = 10ml
  • コーラ = 95ml
  • カットしたライムの実 = 1個
    1. 氷を入れたグラスに、ラムとライム・ジュースを注ぐ。
    2. コーラを注ぎ、軽くステアする。
    3. カットライムをグラス飾る。
例2[3]
  • ホワイト・ラム = 45ml
  • ライムの実 = 1/2個
  • コーラ = 適量
    1. ライムの実からジュースを絞り、グラスに注ぐ。
    2. グラスに氷を加える。
    3. ラム、コーラをグラスに注ぎ、マドラーを添える。
例3[7]
  • ラム(ホワイトまたはゴールド) = 30ml
  • コーラ = 90ml程度
  • ライムの実 = 1/6個
    1. 氷を入れたグラスに、ラムを注ぐ。
    2. コーラを注ぎ、軽くステアする。
    3. カットしたライムを絞って入れる。

備考[編集]

  • カクテル完成時のアルコール度数の調節などのため、しばしばラムは増減される。
  • ステアを行う際、コーラの炭酸を逃がさないように注意を払う必要がある。
  • ラムが一番先にグラスに注がれるのは、比重の関係で自動的に混ざるからという理由もある。
  • 写真のように、グラスにライムが飾られる場合もある。
  • 似たカクテル[編集]

    キューバ・リブレのことを、単に「ラム・コーク(Rum and Coke)」や「ラム・コーラ」と呼ぶこともある。「ラム・コーラにライム・ジュースを加えたカクテルがキューバ・リブレ」と違いを説明されることもある[4]

    キューバ・リブレに使用されるコーラは特に指定されていないし、ラム・コーラの場合も同様であるが、「コーク」はコカ・コーラの愛称なので、「ラム・コーク」に使用するコーラはコカ・コーラでなければいけないという人もいる[要出典]

    ウィッチ・ドクター (Witch Doctor)[5]
    ホット・キューバ・リブレ (Hot Cuba Libre,)[5]

    文化における影響[編集]

    関連項目[編集]

    出典[編集]

    1. ^ 『おうちでカクテル』 YYT project、池田書店2007年、66頁。ISBN 978-4-262-12918-1
    2. ^ 稲保幸 『色でひけるカクテル』 大泉書店2003年、108頁。
    3. ^ a b c d e f g 『カクテル教室』 保育社1996年、8頁。ISBN 9784586508877
    4. ^ a b 『世界一のカクテル』 主婦の友社2010年、170頁。ISBN 9784072743935
    5. ^ a b c d e The Birth of the Cuba Libre Cocktail”. バカルディキューバ (2015年4月20日). 2018年5月30日閲覧。
    6. ^ キューバリバー”. アサヒビール. 2018年5月30日閲覧。
    7. ^ RUMを使ったカクテル”. バカルディジャパン. 2018年5月30日閲覧。
    8. ^ モーダル小嶋 (2018年4月7日). “モンエナ新作「キューバリブレ」飲んだ これコーラじゃん”. 週刊アスキー. 2018年5月30日閲覧。