メアリー・ピックフォード (カクテル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メアリー・ ピックフォード
Mary Pickford Cocktail.jpg
基本情報
作成技法 シェイク
グラス カクテル・グラス
アルコール度数
度数 32度[1]
レシピの一例
ベース ラム酒(ホワイト・ラム)
テンプレートを表示

メアリー・ ピックフォード(Mary Pickford)は、アメリカ合衆国における禁酒法時代に発祥したラム酒をベースとしたカクテル。ラム酒とパイナップルジュースグレナデン・シロップマラスキーノシェイクし、カクテル・グラスで供される[2]。しばしばマラスキーノ・チェリーが添えられる。

カクテルの名称は、「アメリカの恋人」と呼ばれて親しまれたカナダ出身のサイレント映画女優メアリー・ピックフォードに因む[2][3]1920年キューバの首都ハバナセビリア・ビルトモア・ホテル英語版のエディ・ウォークか、同じくハバナのナショナル・デ・キューバ・ホテル英語版のフレッド・コーフマンによって1926年に考案されたとされる[4]

標準的なレシピ[編集]

標準的なレシピは以下の通り[1][2][3]

  • ホワイト・ラム - 30ml
  • パイナップルジュース - 30ml
  • マラスキーノ - 1dash
  • グレナデン・シロップ - 1tsp

材料をシェイクし、グラスに注ぐ。

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b 『カクテルの図鑑』Cocktail 15番地 斎藤都斗武監修、Cocktail 15番地 佐藤淳監修(マイナビ、2013年9月、ISBN 978-4839946234) pp.82「メアリー・ ピックフォード」の項より
  2. ^ a b c 『カクテル事典 (贅沢時間シリーズ)』THE PLACE監修(学研パブリッシング、2014年7月、ISBN 978-4058003206) pp.126「メアリー・ ピックフォード」の項より
  3. ^ a b 『世界一のカクテル―スタンダードからオリジナルまで カクテルがよくわかる完全ガイド』中村健二監修(主婦の友社、2010年9月、ISBN 978-4072743935) pp.187「メアリー・ ピックフォード」の項より
  4. ^ この冬、何が流行る? 【3】カクテル温故知新&THE PLACE今週のカクテル” (2009年9月10日). 2016年1月5日閲覧。