モンスターエナジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
モンスターエナジー
中国向けモンスターエナジーの缶
種類 エナジードリンク
製造元 モンスタービバレッジ英語版
発祥国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
販売開始 2002年
テンプレートを表示

モンスターエナジー: Monster Energy)は、モンスタービバレッジ英語版社(旧・ハンセン・ナチュラル社)が、2002年から販売・展開しているエナジードリンクブランド[1]

日本では「モンスター」や「モンエナ」と称される他、モンスターエナジーを含むエナジードリンク全般を指して「魔剤」と表現されることもある[2]

概要[編集]

モンスタービバレッジが販売する主力商品のエナジードリンクで、北米では数十種類の味が473 ml、710 mlなど各種容量で販売され、その他の国では250~550 mlなど、国によってサイズや味の違うものが販売されており、日本では群馬神奈川静岡和歌山の工場で製造されている[注釈 1]

日本向けの製品としては2012年5月8日に、アサヒ飲料がエナジードリンク「モンスターエナジー」ブランドの日本国内における独占販売権を取得したことが発表され、「モンスターエナジー」、「モンスターカオス」が最初に発売された[3][4][注釈 2]

また、2014年8月14日には「ザ コカ・コーラ カンパニー」がモンスタービバレッジの株式を16.7 %取得し、世界的な優先流通パートナーとなり、モンスターはコカ・コーラの栄養飲料分野を独占的に扱うことになった。なお、原材料にタウリンを用いるアメリカ本国のオリジナルレシピは、日本では薬機法医薬部外品に分類され清涼飲料水として扱えなくなるため、L-アルギニンに代替されている[5]

販売国・地域[編集]

アメリカ合衆国カナダイギリスフランスドイツイタリアスイス日本韓国中国香港マカオフィリピンマレーシアシンガポールメキシコタイベトナムオーストラリアニュージーランドロシアなど。

日本では販売者が東京都品川区二葉に所在する「モンスターエナジージャパン合同会社」で、アサヒ飲料が国内独占販売権を有している[6]。群馬・神奈川・静岡・和歌山で製造されている[注釈 1]

カフェイン量[編集]

アメリカ向けのモンスターエナジーのカフェイン含有量は、10 mg / oz(33.81 mg / 100 ml)である[7][8]。パッケージの注意書きでは、一日摂取許容量を北米では48 ozまで、オーストラリアでは16 ozまでとすることが望ましいとされる。イギリスのものは注意記載が無いが、薬理作用が敏感でカフェイン中毒を呈しやすい子供妊婦などは、飲用を控えることが望ましいとされている。

日本で売られているモンスターエナジーのカフェイン量は100 mlあたり40 mgであり、355 ml缶の栄養成分表示の下に「この製品には1本あたり142 mgのカフェインが含まれています。適量の飲用をお願いします。」や「お子様、妊娠中または授乳中の方、カフェインに敏感な方にはお勧めしません。」などの注意書きの記載があり、人工甘味料が使われている。

日本での種類[編集]

現行の製品[編集]

  • モンスターエナジー - 355ml
  • モンスターエナジー - 500ml(通常缶・ボトル缶)[9][注釈 3][注釈 4]
  • モンスターカオス - 355ml(タンジェリンパイナップルブドウリンゴモモのミックス果汁30%配合)
  • モンスターゼロシュガー - 355ml(カロリーゼロ、砂糖ゼロ)
    • 旧名称は「モンスターアブソリュートリーゼロ」で、2021年に同一成分のまま名称が変更された[10]
  • モンスターウルトラ - 355ml(カロリーゼロ、砂糖ゼロ、甘さ控え目、微炭酸)
    • 2015年7月21日に発売[11]
  • モンスターエナジーM3 - 150ml
    • 2014年8月19日に発売。モンスターエナジー355mlの成分を凝縮している[12]。2016年4月12日にパッケージデザインが変更された[13]
  • モンスターエナジーパイプラインパンチ - 355ml(パッションフルーツオレンジグァバのミックス果汁16%配合)
    • 2019年4月23日に発売[14]。発売当初予想を上回る売れ行きの影響で、通常製品の生産に支障が出る事態になり、わずか1ヶ月で販売中止となった。その後、2020年3月3日に再販された[15]
  • モンスターエナジーM3缶 - 160ml
  • モンスターエナジーウルトラパラダイス - 355ml(キウイフルーツ、青リンゴ味、無果汁)
    • 2020年6月30日に発売された[17]。また、使用されていた着色料は「黄色4号、青色1号」だったが、缶に記載された成分表では「黄色5号、青色1号」と誤記載されていたことが同年12月に発覚したため、店頭在庫が全て回収される騒動になり、一時生産・出荷停止になった[18]
  • モンスターエナジーザ・ドクター - 355ml
    • 2021年10月21日に発売された。2018年に数量限定で発売された「モンスターロッシ」の再販版である[注釈 5][19]。 
  • モンスターエナジーマンゴーロコ - 355ml(ぶどう・マンゴー・リンゴ・グァバ・パイナップル・あんず・もも・レモン・パッションフルーツ、果汁11%配合)
    • 2022年2月25日にTwitterで発表され、同年4月12日に発売された[20]
  • モンスターエナジースーパーコーラ - 355ml
    • 2022年7月20日に公式サイトやTwitterで発表され、8月9日に発売された[21]。すでに発売されているボトル缶の「スーパーコーラ」のリニューアル版[22]
  • モンスターリハブ・レモネードティー - 355ml(無炭酸、レモネードティーをベースに、ココナッツウォーターマンゴスチン果汁などを使用)
    • 2022年10月12日に公式サイトやTwitterで発表され、同年10月25日に発売された[23]
  • モンスターエナジーリザーブ・ウォーターメロン - 355ml(すいか、無果汁)
  • モンスターウルトラピーチーキーン - 355ml(、無果汁)
    • 2023年6月16日にTwitterで発表され、同年7月4日に発売された[25]
  • モンスター オージースタイルレモネード - 355ml(レモン、果汁1%)

過去の製品[編集]

  • モンスターコーヒー - 250g(カフェ・オ・レをブレンド)
    • 2014年10月4日に発売[28]。現在は販売を終了している。
  • モンスターエナジーロッシ - 355ml(オレンジレモンのミックス果汁4%、数量限定)
  • モンスターエナジー - 555ml(ボトル缶、数量限定)[30]
  • モンスターキューバリブレ - 355ml(カクテルキューバ・リブレ」をモチーフに開発)
    • 2018年3月に日本限定発売された。スーパーコーラのリニューアルと共に販売を終了したが、Amazonなどのネット通販ではまだ在庫処分で購入できる[31]
  • モンスタースーパーフュエルブルーストリーク - 550ml(ブルーハワイ風味・無炭酸)
    • 2021年8月3日に限定リリースされた、日本ではモンスター初になるスポーツドリンク系モンスターエナジー。1本に含まれているカフェインの量は148mg[32]
  • モンスタースーパーフュエルレッドドッグ - 550ml(ミックスベリー風味・無炭酸)
    • 2021年8月3日に限定リリースされた、日本ではモンスター初になるスポーツドリンク系モンスターエナジー。1本に含まれているカフェインの量は148mg[32]
  • モンスタースーパーフュエルキラーキウイ - 550ml(無炭酸・無果汁)[33]
    • 2022年6月13日に公式サイトやTwitterにて発表され、同月28日に発売したスポーツドリンク系のモンスターエナジー。1本に含まれているカフェインの量は148mg。
  • モンスターエナジースーパーコーラ - 500ml
    • 2021年3月1日にTwitter上で発表され、同月30日に発売された[34]。しかし、リニューアルによりパッケージデザインや容量などが変更されたため、生産終了した[22]

広告宣伝手法[編集]

カート・ブッシュ
ケン・ブロック

主にエクストリームスポーツの領域でスポンサーを活動している。

オートバイレースではモトクロス・オブ・ネイションズAMAスーパークロススピードウェイ・グランプリ、『MotoGPフランスグランプリの主催スポンサーとなっている[35]。個人としてはMotoGPのレジェンドであるバレンティーノ・ロッシのスポンサーを務める。

NASCAR』では2017年から2019年まで、最高峰クラスのカップシリーズのタイトルスポンサーを3年のみ担った[36]。またカート・ブッシュチップ・ガナッシ・レーシング)のスポンサーにもなった。

ダカール・ラリーではホンダ・レーシング(HRC)のタイトルスポンサーとして活動している。また2024年からインドのオートバイメーカーであるヒーローのファクトリーチームとも提携する。

世界ラリークロス選手権では2014年の発足からしばらく看板スポンサーを務め、有力チームのスポンサーも担った。

その他にもメルセデスAMG F1マクラーレンF1ラリーではケン・ブロックの車体ロゴのスポンサーをしている。

その他[編集]

FDAへの症例報告[編集]

2012年10月22日にCNBCなどがモンスターエナジー飲用後の死亡例が5件FDAに報告されていた[37]と報じ、販売元のモンスタービバレッジは株価が急落しているが、死亡の因果関係は明らかでなくFDAが調査を開始している[37]

訴訟事案[編集]

モンスターエナジーが含有する多量のカフェインが原因で、14歳の少女が異変に気づき死亡した。2012年10月19日に、遺族らが製造会社モンスタービバレッジをメリーランド州で提訴している[38]。少女は死亡するまでの24時間に、モンスターエナジー700ミリリットルを2本飲用しカフェイン摂取量は480ミリグラムとされている[38]病理解剖では「カフェインの毒性による心臓の不整脈」が死因[38]。モンスタービバレッジは栄養飲料を世界中で80億本余販売しているが、同社製品が原因とされる死亡例は認識していない[38]

商標権問題[編集]

モンスタービバレッジ、および日本法人のモンスターエナジー カンパニーは、タイトルに「モンスター」や "Monsters" の単語を含む複数のコンピューターゲーム作品に対して、商標登録の異議申し立てや無効審判請求を行い、これらの単語や、ロゴの同系統のフォント、爪痕のデザインなどを使用しないように申し立てを行っている[39][40]。これまでの事例の一部を以下に示す。

日本
米国
  • イモータルズ フィニクス ライジング(2019年) - ユービーアイソフトのゲームタイトル。発売前に発表されたタイトルは『ゴッズ アンド モンスターズ』だったが、発売前にタイトルが変更された。副ゲームディレクターの Julien Galloudec はゲームのビジョンに従ったもので、権利上の問題ではないとしているが、これとは並行してモンスターエナジー側から『モンスター』の商標の異議申し立てを受けており、ユービーアイソフト側はそれを全面的に否定する記録が残っている。このタイトルはこの裁判が長引いている間に変更され、発売に至っている[47][48]
  • Dark Deception: Monsters & Mortals(2023年) - インディーズのホラーゲーム。"Monsters" という単語や、商品名のフォントや爪痕のロゴデザインに類似したデザインは権利侵害として、使用しないよう申し立てている。それに加えて、今後 "Monsta", "Monstrous", "Monstrosity" といった単語だけでなく、意味が類似している "Beast", "Unleash" などの単語および、複数本の並行な線を用いたデザイン、黒背景に緑色と白色を使ったロゴも用いないよう要求している。2023年4月現在、開発者は1つのタイトルにとどまらない広範囲に影響が及ぶことを危惧し、これらの要求を受け入れずに法廷で争う姿勢を見せている[39][40][49]

これらに限らず、日本国内外では名称に「モンスター」もしくは「ビースト」を含むアパレルブランドやお菓子、社名、および漫画作品『モンスター娘のいる日常[50]ディズニーピクサー映画の『モンスターズ・ユニバーシティ』、NBAトロント・ラプターズのロゴなど、あらゆる商標に多数の異議申し立てを継続的に行っている[51][52]

2023年4月時点で、日本国内においては、特許情報プラットフォームに117件のモンスターエナジーについての異議申し立ての記録が登録されているが、そのすべてはモンスターエナジー側の主張が認められず却下されている[52]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b アサヒ飲料が群馬工場にて製造している。その他は、委託会社による製造になっている。
  2. ^ 缶に表記されている販売元は「モンスターエナジージャパン合同会社」となっている。
  3. ^ コンビニ限定だったが、2019年12月中旬に予告無く販売チャネルが変更され、イオンなどのスーパーマーケットでも購入可能になった。
  4. ^ 通常缶については、2023年6月6日に発売された。
  5. ^ 販売名は、『モンスターロッシ』となっている。

出典[編集]

  1. ^ Hansen Natural Charging at Red Bull with a brawny energy brew”. Bloomberg BusinessWeek (2005年6月6日). 2011年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年11月23日閲覧。
  2. ^ “アイツ魔剤やってるって魔剤? ネットスラング「魔剤」の意味と使い方”. ねとらぼ. (2017年12月24日). https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1712/24/news013.html 2020年7月12日閲覧。 
  3. ^ アサヒ飲料 国内独占販売権取得! アメリカNo.1※エナジードリンク「Monster Energy(モンスターエナジー)」 『Monster Energy(モンスターエナジー) 缶355ml』 『Monster KHAOS(モンスターカオス) 缶355ml』 2012年5月8日(火)新発売。”. アサヒ飲料株式会社 (2012年3月15日). 2012年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年10月16日閲覧。
  4. ^ “米国発若者向けエナジー飲料 市場に活気 アサヒ飲料「モンスターエナジー」”. 日本経済新聞. (2012年7月9日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2500X_V20C12A6000000/ 2023年10月16日閲覧。 
  5. ^ “「エナジードリンク」と「栄養ドリンク」は一体何が違うのか?”. GIGAZINE. (2015年11月23日). https://gigazine.net/news/20151123-what-is-energy-drink/ 2023年10月16日閲覧。 
  6. ^ “「モンスターエナジー」、アサヒ飲料が初めて自社工場生産へ、30億円かけ缶容器の製造ライン新設”. 食品産業新聞社. (2019年12月6日). https://www.ssnp.co.jp/beverage/176940/ 2023年7月4日閲覧。 
  7. ^ The Caffeine Database. CaffeineInformer.com. Retrieved on 2011-12-30.
  8. ^ Caffeine Content”. Center for Science in the Public Interest. 2011年4月27日閲覧。
  9. ^ “モンスターエナジー缶500ml”が6月6日より発売。オリジナルTシャツやボディバッグが当たるキャンペーンも開催”. ファミ通.com (2023年6月3日). 2023年6月7日閲覧。
  10. ^ “0カロリー、0シュガーで人気の「モンスターアブソリュートリーゼロ」 「モンスターエナジー ゼロシュガー」として6月22日(火)リニューアル発売!”. PR TIMES. (2021年6月22日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000215.000006649.html 2023年10月14日閲覧。 
  11. ^ “スッキリなのにヤバイ、白いモンスター登場。 WIN FREE MONSTER ULTRA キャンペーン”. PR TIMES. (2015年7月1日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000058.000006649.html 2023年10月14日閲覧。 
  12. ^ ~『モンスターエナジー 缶355ml』に匹敵する成分を凝縮~ 『モンスターエナジー M3 ワンウェイびん150ml』 8月19日(火)新発売”. アサヒ飲料株式会社 (2014年7月1日). 2014年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年10月14日閲覧。
  13. ^ ““モンスターエナジー M3(エムスリー)”が新ラベルで登場!4月12日(火)リニューアル発売”. PR TIMES. (2016年3月31日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000084.000006649.html 2023年10月14日閲覧。 
  14. ^ “ピンクの“ハワイアン”モンスターが日本上陸!!「モンスター パイプラインパンチ」4月23日 新発売KOHH書き下ろしの未発表曲「 I think I'm falling 」のコラボ映像が本日より公開!”. PR TIMES. (2019年4月8日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000174.000006649.html 2023年10月5日閲覧。 
  15. ^ “売れすぎて販売中止になっていた「モンスター パイプラインパンチ」本日より再販開始!”. GAME Watch. (2020年3月3日). https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1238571.html 2023年10月5日閲覧。 
  16. ^ 『モンスターエナジー 缶355ml』に匹敵するエナジー成分が缶1本に濃縮!『モンスターエナジー M3(エムスリー) 缶160ml』全国の自動販売機限定で4月23日(火)より発売”. アサヒ飲料株式会社 (2019年4月8日). 2019年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月9日閲覧。
  17. ^ エナジードリンク販売数量No.1※「モンスターエナジー」ブランドから 米国で人気沸騰中のゼロカロリー商品 『モンスター ウルトラパラダイス 缶355ml』 6月30日(火)新発売”. アサヒ飲料株式会社 (2020年6月10日). 2020年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年10月5日閲覧。
  18. ^ 【お知らせ】” (PDF). アサヒ飲料株式会社 (2020年12月8日). 2023年10月5日閲覧。
  19. ^ 4年ぶりに「黄色いモンスター」が戻ってくる 『モンスター ロッシ』缶355ml 10月12日より新発売 MotoGPのスーパースター、バレンティーノ・ロッシとコラボレーション”. アサヒ飲料株式会社 (2021年9月28日). 2023年10月5日閲覧。
  20. ^ “モンスターエナジー「モンスター マンゴーロコ」4月12日発売”. グルメ Watch. (2022年2月28日). https://gourmet.watch.impress.co.jp/docs/news/1391482.html 2023年10月5日閲覧。 
  21. ^ 『モンスター スーパーコーラ』 8月9日発売 従来品より炭酸の強さを高め、より刺激的な味わいにリニューアル”. アサヒ飲料株式会社 (2022年7月20日). 2023年10月5日閲覧。
  22. ^ a b “「モンスター スーパーコーラ」が迷彩柄&超炭酸力アップにリニューアル”. マイナビニュース. (2022年7月28日). https://news.mynavi.jp/article/20220728-2409794/ 2023年10月5日閲覧。 
  23. ^ 『モンスター リハブ レモネードティー』 10月25日発売 欧米で人気の「MONSTER Rehab(リハブ)」シリーズが日本に上陸”. アサヒ飲料株式会社 (2022年10月12日). 2023年10月5日閲覧。
  24. ^ “すいか味”のモンスターが日本初上陸『モンスターエナジー リザーブ ウォーターメロン』4月11日(火)に新発売”. PR TIMES (2023年3月10日). 2023年4月12日閲覧。
  25. ^ “カルチャー感溢れるデザインをまとった”ピーチ“フレーバーの新作 “0カロリー&0シュガー”の「ウルトラ」シリーズから 『モンスター ウルトラピーチーキーン』が7月4日(火)新発売”. PR TIMES. (2023年6月19日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000269.000006649.html 2023年7月4日閲覧。 
  26. ^ 果汁+エナジー、『モンスター オージースタイルレモネード』 10月3日発売 レモンの爽やかな香りとスッキリとした甘さが特長のレモネードフレーバー”. アサヒ飲料株式会社 (2023年9月13日). 2023年9月19日閲覧。
  27. ^ “モンスターエナジー、甘みと酸味が絶妙な「オージースタイルレモネード」発売”. グルメ Watch. (2023年9月12日). https://gourmet.watch.impress.co.jp/docs/news/1530429.html 2023年9月12日閲覧。 
  28. ^ エナジーブレンド入りコーヒー飲料 カフェラテ×モンスター 『モンスターコーヒー 缶250g』 10月7日(火)新発売”. アサヒ飲料株式会社 (2014年9月1日). 2014年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年10月14日閲覧。
  29. ^ “モンスターエナジーがライダーとコラボ 黄色の「ロッシ」が6月27日に登場 - Peachy - ライブドアニュース”. ライブドアニュース. https://news.livedoor.com/article/detail/13156680/ 2018年8月12日閲覧。 
  30. ^ “日本限定!大容量『モンスターエナジー ボトル缶473ml』全国のコンビニエンスストア限定で8月7日(火)新発売”. PR TIMES. (2018年8月7日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000158.000006649.html 2023年10月5日閲覧。 
  31. ^ “モンスターエナジー日本限定オリジナルフレーバー「モンスター キューバリブレ」4月24日(火)新発売!”. PR TIMES. (2018年4月2日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000146.000006649.html 2023年10月5日閲覧。 
  32. ^ a b “スポーツ時のエナジーチャージを! 『モンスター スーパーフュエル 』8月3日(火)2つのフレーバーを数量限定で同時発売”. PR TIMES. (2021年7月12日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000217.000006649.html 2023年10月5日閲覧。 
  33. ^ スポドリ系の「モンスタースーパーフュエル」に新フレーバー「キラーキウイ」が登場!”. Saiga NAK. 2022年6月13日閲覧。
  34. ^ “コーラ×エナジー!『モンスター スーパーコーラ ボトル缶500ml』3月30日(火) 新登場”. PR TIMES. (2021年3月9日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000209.000006649.html 2023年10月5日閲覧。 
  35. ^ “Monster Energy agrees to back French GP”. Insidebikes. http://www.carolenash.com/insidebikes/bike-sport/monster-energy-agrees-to-back-french-gp.htm 2010年3月4日閲覧。 
  36. ^ “Monster Energy replaces Sprint as title sponsor for NASCAR's top series”. USA Today. (2016年12月1日). http://www.usatoday.com/story/sports/nascar/2016/12/01/monster-energy-title-sponsor-nascar-cup-series/94748244/ 2016年12月1日閲覧。 
  37. ^ a b “「モンスターエナジー」飲み5人死亡? 米FDAに報告”. 朝日新聞デジタル. (2012年10月24日). オリジナルの2012年7月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130701005605/http://www.asahi.com/national/update/1024/TKY201210230765.html?ref=reca 2023年10月20日閲覧。 
  38. ^ a b c d カフェイン過剰摂取で少女死亡、遺族が栄養飲料製造会社を提訴”. AFPBB News. クリエイティヴ・リンク (2012年10月22日). 2012年10月23日閲覧。
  39. ^ a b “とあるホラーゲーム、「モンスターエナジー」とタイトルを巡る商標権争いが起きていると開発者が報告。ゲーム名に「Monster」使用はやや鬼門”. AUTOMATON. (2023年4月5日). https://automaton-media.com/articles/newsjp/20230405-243024/ 2023年4月6日閲覧。 
  40. ^ a b “モンスターエナジーが「モンスター」という単語をゲームタイトルに使っているゲーム開発者を攻撃している”. GIGAZINE. (2023年4月5日). https://gigazine.net/news/20230405-monster-energy-indie-dev/ 2023年4月6日閲覧。 
  41. ^ 異議2014-900010”. 商標審決データベース (2015年7月31日). 2023年4月6日閲覧。
  42. ^ 異議2016-900054”. 商標審決データベース (2016年10月28日). 2023年4月6日閲覧。
  43. ^ 異議2017-900030”. 商標審決データベース (2017年11月24日). 2023年4月6日閲覧。
  44. ^ 異議2017-900198”. 商標審決データベース (2008年2月23日). 2023年4月6日閲覧。
  45. ^ 無効2019-890047”. 商標審決データベース (2021年4月30日). 2023年4月6日閲覧。
  46. ^ 無効2019-890047”. 商標判例データベース (2021年1月21日). 2023年4月6日閲覧。
  47. ^ “『イモータルズ フィニクス ライジング』が改題したのは「モンスターエナジー」との“商標登録”争いが原因か。Ubisoftへの異議申し立てが確認される”. AUTOMATON. (2020年9月16日). https://automaton-media.com/articles/newsjp/20200916-136882/ 2023年4月6日閲覧。 
  48. ^ “UBI新作オープンワールド『イモータルズ フィニクス ライジング』タイトル変更の理由はモンスターエナジーからの商標侵害申し立てだった”. GameSpark. (2020年9月16日). https://www.gamespark.jp/article/2020/09/16/102213.html 2023年4月6日閲覧。 
  49. ^ “「Monster」は誰のもの?インディーデベロッパーが「モンエナ」商標権侵害で訴訟される…『Dark Deception: Monsters & Mortals』開発元は徹底抗戦の構え”. GameSpark. (2023年4月5日). https://www.gamespark.jp/article/2023/04/05/128700.html 2023年4月6日閲覧。 
  50. ^ 異議2015-900250”. 商標審決データベース (2016年9月30日). 2023年4月7日閲覧。
  51. ^ “「モンスターエナジー」権利元、過去に『ポケモン』や『モンスターハンター』などの商標登録異議を大量に申し立てていた”. AUTOMATON. (2023年4月6日). https://automaton-media.com/articles/newsjp/20230406-243229/ 2023年4月6日閲覧。 
  52. ^ a b 栗原潔 (2023年4月6日). “「モンスター警察」モンスターエナジー社の日本での異議申立の履歴について”. Yahoo!ニュース. https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/67736207a124ce56742cddce642e13bf2d3994a1 2023年4月7日閲覧。 [信頼性要検証]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]