ラスティ・ネイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラスティ・ネイル
Rusty nail.jpg
基本情報
種別 ロングドリンク[1][2]
作成技法 ビルド[2]
赤茶色透明
グラス ロックグラス[2]
アルコール度数
度数 37度[1] - 41度[3]
レシピの一例
ベース スコッチ・ウイスキー
テンプレートを表示

ラスティ・ネイル (Rusty Nail cocktail) とは、ウイスキーベースの強い甘みが特徴的なカクテルである。日本語ではラスティ・ネールと表記することもある[2][4]

由来[編集]

色合いが錆びた(Rusty)(Nail)のように赤茶色なため、という説と、イギリスの俗語で「古めかしい物」という意味から来ているという説の2通りがあるが、誕生したのはそれほど古くはなく、第二次世界大戦後に考案されたカクテルである[2][5]

アーサー・ヘイリーのベストセラー小説『ホテル英語版』にラスティ・ネイルが登場している[4]

標準的なレシピ[編集]

作り方[編集]

を入れたロックグラスに、スコッチ・ウイスキー、ドランブイの順に注ぎ、ステアする[2][4]

備考[編集]

  • 味の調整のため、ウィスキーとドランブイの割合が変更される場合がある。ウイスキー:ドランブイ=1:1〜3:1で記述されるレシピが多い。
  • レシピによっては非常に甘いカクテルに仕上がる。甘すぎて飲めない場合、ドランブイの割合を減らすか、レモン・ジュースを少しだけ(5、6滴くらい)入れる方法がある。他に、氷をクラッシュド・アイスにして、早く薄まるようにする方法もある。

バリエーション[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 桑名伸佐監修 『カクテル・パーフェクトブック』 日本文芸社、2006年、239頁。ISBN 978-4-537-20423-0
  2. ^ a b c d e f ラスティー・ネール”. サントリー. 2019年2月27日閲覧。
  3. ^ 稲保幸 『色でひけるカクテル』 大泉書店、2003年、123頁。ISBN 4-278-03752-X
  4. ^ a b c 『カクテル入門』 保育社、1982年、17-19頁。ISBN 9784586505630
  5. ^ 『世界一のカクテル』 主婦の友社、2010年、69頁。ISBN 9784072743935
  6. ^ 『カクテルの図鑑』 マイナビ出版、2013年、108頁。ISBN 9784839946234