シンガポール・スリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シンガポール・スリング
Singapore Sling.jpg
基本情報
種別 ロングドリンク
作成技法 シェイク
赤色
グラス Highball Glass (Tumbler).svg   タンブラー
アルコール度数
度数 16度[1] - 17度[2]
レシピの一例
ベース ドライ・ジン
装飾材料 マラスキーノ・チェリー
材料
ドライ・ジン …… 45ml
チェリー・ブランデー …… 15ml
レモン・ジュース …… 20ml
砂糖 …… 1-2tsp
ソーダ水 …… 適量
備考 このテンプレのデータは一般的なレシピに基づいているが(ラッフルズホテルのレシピについてはラッフルズ・ホテルでのレシピの節を参照)、画像はラッフルズ・ホテルのシンガポール・スリングである。
テンプレートを表示

シンガポール・スリング(Singapore Sling)は、ジンベースのカクテル

概要[編集]

その名の通り、シンガポール生まれの名カクテルである[3]サマセット・モームがシンガポールの夕焼けを「東洋の神秘」と称えたことに因んで考案された[4]

1915年にシンガポールのラッフルズ・ホテルのロングバーのチーフバーテンダーであった厳崇文(嚴崇文、Ngiam Tong Boon)が最初に作ったのが始まりである[3][5]。当初のレシピは後述(#ラッフルズ・ホテルでのレシピ)のように複雑なものであったが、ロンドンサヴォイ・ホテルでチーフ・バーテンダーだったハリー・クラドックがレシピの簡素化を行い、1930年に刊行された『サヴォイ・カクテルブック』に収録したことで、世界的に広まった[3]

なお、シンガポール・スリングのスリング(Sling)とは、ドイツ語のSchlingen(飲み込む)からきていると言われ、スピリッツに甘みと酸味を加えて水で割った飲み物。他にもジン・スリング、ウォッカ・スリングなどがある。このシンガポール・スリングも、本来そのバリエーションの一つである。2015年、100周年を迎えた。

レシピ[編集]

一般的なレシピ[編集]

一般的に普及しているレシピを以下に挙げる[3]

作り方
  1. ソーダ水以外の材料をシェークし、を入れたタンブラーに注ぐ。
  2. ソーダ水を満たし、軽くステアする。
  3. チェリーを飾る。
  4. また、チェリーブランデーはシェークせず、最後にグラスに沈める作りかたもある。

ラッフルズ・ホテルでのレシピ[編集]

当初のレシピを以下に挙げる[3][4][6]。レシピは長らく門外不出とされ、非公開であった[5]

作り方
  1. 材料をシェークし、氷を入れたタンブラーに注ぐ。
  2. ソーダ水を満たす。

出典[編集]

  1. ^ 稲保幸『色でひけるカクテル』大泉書店、2003年、22頁。ISBN 4-278-03752-X
  2. ^ 桑名伸佐監修『カクテル・パーフェクトブック』日本文芸社、2006年、59頁。ISBN 978-4-537-20423-0
  3. ^ a b c d e 『カクテル教室』保育社、1996年、76頁。ISBN 9784586508877
  4. ^ a b シンガポール・スリング (PDF)”. THE PLACE (2009年9月7日). 2019年3月5日閲覧。
  5. ^ a b 『るるぶシンガポール'16〜'17』JTBパブリッシング、2016年、41頁。ISBN 9784533110573
  6. ^ 『カクテル事典』学研パブリッシング、2014年、78頁。ISBN 9784058003206

外部リンク[編集]