鴨飯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鴨飯
Roast duck rice in Singapore.jpg
シンガポールの鴨飯
発祥地 東南アジア
地域 中華文化圏東南アジア沿岸部、東南アジア本土
関連食文化 シンガポールマレーシアインドネシアブルネイタイ
主な材料 鴨肉麦芽糖または蜂蜜米酢
テンプレートを表示

鴨飯(かもめし、ヤーファン、簡体字:鸭饭、繁体字:鴨飯、ピンイン:yā fàn)あるいはダックライス英語:duckrice)とは、東南アジア沿海部の華僑がよく食す、鴨肉の煮込みまたはローストと白米を合わせた料理。鴨肉の煮込みは通常、ヤム芋海老と一緒に調理されるが、ただ白米と濃い味のソースだけで調理して出されたり、副菜として煮込んだゆで卵や塩漬け野菜、硬い豆腐などが加えられることもある。また、潮州風骨なし鴨飯は、鴨飯と似たような料理ではあるものの、硬い食感が特徴の鴨肉を芸術的に骨から切り離し、食べやすいように薄切りにし、ソースを肉に染み込みやすくしている点でより洗練されている。海南鶏飯などその他の似たような料理も、潮州風骨なし鴨飯の特長を真似ている。

シンガポールでは、同国全土のフードセンターでこの料理がよく見られる。

タイでは、この料理はカオナーペッド(ข้าวหน้าเป็ด; 原義は「ご飯に鴨をのせたもの」)と呼ばれ、屋台ショッピングモール内の飲食店で売られている。首都バンコクでは、ジャルンクルン通りにある「バングラック」が鴨飯の専門店として知られている。[1]また、ローストした赤豚や中華ソーセージを特製のグレイビーソースと混ぜて他の料理に応用した「カオ・チェ・ポー(ข้าวเฉโป)」や「カオ・シア・ポー(ข้าวเสียโป)」(ギャンブルアウェイライス)と呼ばれる料理もあり、潮州料理の一種であると考えられている [2]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ "ประจักษ์" อร่อยกับเมนูเป็ด สูตรเด็ดนับร้อยปี” (thai). Manager Daily (2012年7月15日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  2. ^ Rayonghip (2014年9月9日). “"ข้าวเฉโป"” (thai). facebook. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。