親子丼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
親子丼
Oyakodon 003.jpg
鶏胸肉の親子丼
種類 丼物
発祥地 日本の旗 日本
地域 東京都
誕生時期 1884年明治17年)以前
類似料理 軍鶏鍋
Cookbook ウィキメディア・コモンズ
テンプレートを表示

親子丼(おやこどんぶり、おやこどん、英語:Chicken and Egg Bowl[1])は、割下などで煮た鶏肉溶き卵でとじ、白飯の上に乗せた丼物の一種である。「親子」という名称はの肉と卵を使うことに由来する[2]

ネギタマネギなどと共に煮て、彩りとしてミツバグリーンピース刻み海苔などを飾ることが多い。

鶏肉と鶏卵以外を材料とする丼の中にも「親子丼」と称する料理がある(後述)。

起源[編集]

親子丼の起源は不明である。確認できる文献資料としては、1884年明治17年)に神戸の「江戸幸」が親子丼の新聞広告を出しており、親子丼が少なくとも1884年(明治17年)以前から存在していたことが確認できる。[要出典]

一方、日本橋人形町にある軍鶏料理専門店「玉ひで」が主張する説によれば、1887年明治20年)頃、鳥寿㐂(とりすき=軍鶏鍋のこと)の最後のとして鍋に残った煮汁を卵とじにして、白飯のおかずとして食べる客がいたという。五代目店主の妻、山田とくは「親子煮」と呼ばれていたこの食べ方を盛り切りの丼飯とすることを考案したが、「汁かけ飯を店で出すと格が落ちる」という当時の風潮から、出前専用の料理として提供されるようになった[3]。玉ひではその後、親子丼の元祖としてマスコミにも取り上げられるようになり、1979年(昭和54年)からは店内でも提供するようになっている[4][5]。玉ひでの親子丼は、みりんをたっぷりと用いた非常に甘い割下で軍鶏の肉だけを煮て卵とじにしたもので、タマネギやミツバ等の野菜類は現在も使われていない。また今日では半熟状態で提供されるが、1954年頃までは完全に火を通した状態で提供されていた[6]

また別の説として、1903年大阪で開催された第五回内国勧業博覧会の目玉料理として、北浜銀行頭取の岩下清周氏の依頼により、大阪の料亭「鳥菊」の店主「内本松次郎」が考案した親子丼[7]もある。こちらは鶏肉と白菜、ネギの煮込みを卵でとじてご飯に載せたもので、一杯15銭で販売され人気を博し、その後関西一円の食堂で提供されるようになったとされる。


親子丼のバリエーション[編集]

サケとイクラの親子丼
  • 親子丼の具材をかけうどんに乗せたものを「親子うどん」という。
  • 肉を卵でとじた「鴨の親子丼」を販売している店もある。関西ではこれを「いとこ丼」と呼ぶ店もある[8]
  • 丼飯にサケの切り身を焼いたものや、刺身または鮭フレークとイクラをのせたものを「鮭親子丼」「海鮮親子丼」と呼ぶ事がある。
  • 鶏卵で綴じたチキンカツを具とするカツ丼を「親子カツ丼」という。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ プログレッシブ和英辞典(コトバンク)
  2. ^ 広辞苑 第六版【親子丼】
  3. ^ 親子丼誕生物語
  4. ^ 菊地武顕 『あのメニューが生まれた店』 平凡社2013年11月ISBN 978-4582634860
  5. ^ 親子丼の歴史
  6. ^ 菊地武顕 『あのメニューが生まれた店』 平凡社2013年11月ISBN 978-4582634860
  7. ^ 明治36年(1903)、第五回内国勧業博覧会開催時に、親子丼が販売提供されていたか知りたい|レファレンス共同データベース
  8. ^ とれんどりっぷる関西の他人丼を知っていますか?地方の丼紹介

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • 玉ひで
  • 玉子丼 - 親子丼と似た調理法で肉を用いずに調理した料理
  • 木の葉丼 - 親子丼の鶏肉をかまぼこに代えた料理。関西地方で普及している
  • 他人丼 - 親子丼と似た調理法で鶏肉以外の肉を用いて調理した料理。牛肉を用いた料理は「開化(開花)丼」と呼ばれる

作り方(動画・外部リンク)[編集]