クッパ (料理)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クッパ
Korean soup-Gulgukbap-01.jpg
クル(牡蠣)クッパ
各種表記
ハングル 국밥
漢字 n/a
発音
日本語読み: くっぱ
ローマ字 gukbap(2000年式
kukpap(MR式
テンプレートを表示

クッパ朝鮮半島の料理の一種で、スープを組み合わせた料理である。「ク」がスープ、「パ」が飯を意味する。

朝鮮半島[編集]

朝鮮半島のクッパはスープとおかずと飯がセットで供され、まれに最初から入っていることもあるが、飯は自分で入れる。スープは辛くないものもあり、別に供されるヤンニョム(合わせだれ)や生のトウガラシキムチなどを入れて好みの辛さにしながら食べる。見た目は汁かけ飯と似ているが、飯にスープをかけるのではなく、スープに飯を入れて食べる。

クッパのうち醤油味のスープにご飯を加えたものをジャンクㇰパと呼び、かならずキムチを添え、サンジョㇰ(散炙)という串焼きをのせることもある。地方によりバリエーションが多様で、京畿道スンデソーセージの一種。の腸にもち米春雨を詰めたもの)が入った「スンデクッパ」、釜山など慶尚道に見られる豚肉が入った「テジ(豚)クッパ」、全羅北道全州大豆もやしがたっぷり入った「コンナムル(大豆もやし)クッパ」、平安道平壌の肉のスープにピンデトッと炒めた豆腐を載せた「温飯」(オンパン)、全州のビビンバ、平壌の冷麺と並ぶ朝鮮三大料理の一つに数えられる開城の湯飯(タンパン)などが特に有名である。コンナムルクッパなどはヘジャンククの一種でもある。

韓国のクッパの例[編集]

日本[編集]

焼肉店での定番料理の一つであり、飯をスープで煮た雑炊のような料理である。鶏卵などが入ったあっさりとしたスープにご飯が入ったクッパと、辛めのスープにカルビが入ったカルビクッパが多く提供されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]