クッパ (料理)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クッパ
Korean soup-Gulgukbap-01.jpg
クル(牡蠣)クッパ
各種表記
ハングル 국밥
漢字 湯飯
発音
日本語読み: くっぱ
RR式 gukbap
MR式 kukpap
テンプレートを表示

クッパ: 국밥)は、朝鮮料理スープを組み合わせた料理。食べ物が困っていた過去に量を増やして多くの人が食べられるように、スープにご飯を入れて煮込んだことから産まれた[1]。「」がスープ、「」が飯を意味する。発音はパッチム濃音化で「국빱」となる。

概要[編集]

「湯飯」または「チャンクッパ(ジャンクッパ、醬湯飯)」と呼ばれるクッパが発達した理由は、大韓民国公式サイトによるとご飯とスープが欠かせない朝鮮半島のお膳で、熱くて粘りがあるご飯を先に食べるために喉が詰まることを防止するために、まずスープで喉を潤すのが習慣付けられていた説と、食べ物が困っていた過去には量をかさ増しすることで多くの人が食べられるように、スープにご飯を入れて煮込んだという説がある[1]。クッパのうち醤油味のスープにご飯を加えたものをジャンクッパ(醤湯飯)と呼び、必ずキムチを添え、サンジョ朝鮮語版英語版(散炙)という串焼きをのせることもある。地方によりバリエーションが多様で、京畿道スンデソーセージの一種。の腸にもち米春雨を詰めたもの)が入った「スンデクッパ朝鮮語版」、釜山など慶尚道に見られるテジ(豚肉)が入った「テジクッパ」、全羅北道全州モヤシナムルがたっぷり入った「コンナムルクッパ朝鮮語版」、平安道平壌の肉のスープにピンデトッと炒めた豆腐を載せた「温飯」(オンパン)、全州のビビンバ、平壌の冷麺と並ぶ朝鮮三大料理の一つに数えられる開城の湯飯(タンパン)などが特に有名である。コンナムルクッパなどはヘジャンククの一種でもある。

韓国のクッパの例[編集]

日本のクッパ[編集]

日本のカルビクッパ

焼肉店での定番料理の一つであり、飯をスープで煮た雑炊のような料理である。鶏卵などが入ったあっさりとしたスープにご飯が入ったクッパと、辛めのスープにカルビが入ったカルビクッパが多く提供されている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]