湯円

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
湯円
清水湯円

湯円繁体字湯圓簡体字汤圆拼音: Tāngyuán タンユェン)は、中国の伝統的な小吃のひとつで、もち米を丸めて作り、冬至春節の風物詩的な食品である。

概要[編集]

湯円は中国の伝統的な小吃のひとつで、もち米を丸めて作り、冬至春節の風物詩的な食品である[1]呉語では「湯糰」、莆仙語では「丸囝」、台湾語では「圓仔」(îⁿ-á)、客家語では「圓粄」と呼ぶ。通常は紅白の二色で、ゴマアズキで作る甘いもの(甜湯圓)と肉で作る塩辛いもの(鹹湯圓簡体字では咸汤圆)がある。

中国の華北地方東北地方では、湯円と似た「元宵」(ユェンシャオ)が作られて、春節または元宵節に食される。これは湯円に似ているが、湯円は手でこねて作るのに対し、元宵は丸い白玉粉の入ったざるに入れ、ざるごと揺らして作ったものである。また、日本でも湯円、元宵と似た「白玉」が作られていて、広く食される。

各地における違い[編集]

江南[編集]

呉語ではといい、寧波のものが特に知られている。白玉粉、ゴマ、ラード・砂糖・粉末黒ゴマを合わせた餡を合わせて作る。色は白く、粘らないものが有名である[2]。現在、寧波の近隣ではこの製法が多く取り入れられている。缸鴨狗などの店が知られている[2]

四川[編集]

四川地域では湯圓と称される。毎年、春節の時期に食べられている。特に旧暦の元日と15日の両日を象徴する食べ物である。湯円は甘いものと塩辛いものがある。甘いものは黒砂糖ブラウンシュガーを使い、落花生クルミゴマバラなどを加える。塩辛いものは外見を扇形にし、肉、生姜などで餡を作る。

福州[編集]

湯圓又は𥻵と称する。作り方は元宵と湯円の間にあたり、もち米で作った粉を湿らせてこねて作る。餡は無く、魚を煮たものを入れる。食べるときに小麦粉、黒ゴマ、砂糖、落花生粉などをまぶす。冬至の朝、湯円と福橘を祖先にお供えし、その後、一家全員で朝食として食べる。

台湾[編集]

参詣者に提供するお寺の「平安円」

比較すると小さく、餡も入っていない。通常、黒砂糖と水を加えて煮るか、野菜と肉類などの材料を煮て鹹湯円を作る。

中国北部[編集]

中国北部では、湯円と似たものが「元宵」(ユェンシャオ)と呼ばれている。これは元宵節(旧暦正月の15日目)に食される習慣である。[3]

日本[編集]

日本では、似た製法で「白玉」が作られている。一説には鎌倉時代中国の渡来僧が「湯円」をもたらしたと言われる。[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]