ハヤシライス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハヤシライス
Imperial Hotel Kamikochi09n3200.jpg
ハヤシライス
主な材料 牛肉たまねぎ米飯
類似料理 ビーフシチュービーフストロガノフグヤーシュハシェイカレーライス牛丼
テンプレートを表示

ハヤシライスは、薄切り牛肉タマネギドミグラスソースで煮たものを米飯の上にかけた料理。海外の料理をもとに日本で変化した洋食に分類される。近畿地方ではハイシライスとも呼ばれる[1][2][3]

地域によっては牛肉を豚肉で代用したり、マッシュルームやその他の具材を加えることもある。日本においては、カレーライス等と同様に温めて米飯に掛けるだけで食べることのできる、即席の固形ルーやソースが市販されている。

「ハヤシ」の語源[編集]

ハッシュドビーフ・ウィズ・ライス(Hashed beef with Rice[注 1])やハッシュド・アンド・ライス(Hashed and rice)[4]などといった名前が、「ハッシ・ライス」あるいは「ハイシ・ライス」となり、それが訛って「ハヤシライス」となったと言われている。言語学者の楳垣実1944年の自著『日本外来語の研究』の中で、明治時代によく使われていた古語(および古語の影響の残る方言)で「こまかく切る」という意味を持つ「はやす」という動詞[注 2]を取り上げ、英語のハッシュド (Hashed) がハッシ・ハイシなどと訛った上で、「はやす」との意味の類推から「はやし肉」などといった語が生まれたことによって、ハヤシライスになったのであろう、と述べている[5]。この傍証として、1908年発行の『海軍割烹術参考書』にドライハヤシとしてハッシュドポテトの調理法が書かれており、当時Hashedをハヤシと表記した例が認められる[6]

なお、英語で「ハッシュ(Hash)」と言った場合、ハッシュドポテト系の料理を指す場合と、肉汁のスープ(デミグラスソース)で煮込む料理を指す場合とがある(#発祥も参照)。ルポライター澁川祐子は、この2つが明治年間に混同され、最終的に米飯に合う煮込み料理としてのハッシュだけがハヤシと呼ばれ普及していったのではないかと述べている[7]

その後、大正年間から昭和年間にかけての料理書では『ハヤシライス』の名称が頻出するようになり、『ハッシュドビーフ』の名称は使用されなくなっていったが、1989年ハウス食品が『ハッシュドビーフ』と名付けたルーを販売し、他社もこれに追随したことから、あたかも別の料理であるかのような混乱が新たに生じるようになった[7]

人名由来説[編集]

早矢仕有的
丸善創業者の早矢仕有的(はやし ゆうてき)が作った牛肉と野菜のごった煮に由来するとする説。『丸善百年史』に掲載されている説である[8][7]#発祥も参照。
林某説(1)
上野精養軒のコックをしていた「林」が、従業員の賄い飯として作ったところ好評であったことから、これをメニューにしたとする説。しかしながら、林という人物が実在していたか定かではなく、信憑性は薄い[7]
林某説(2)
明治初年に横浜に在住していた「林」という男が由来であるとする説。彼はある洋食屋に行くと「カレー粉抜きのカレーライス」という注文をよくしていた。この料理には当初名前がなかったので、店員たちはこれを「林さんのカレーライス」、更に略して「林ライス」と呼ぶようになった。これが他の客にも伝わって評判となり、いつしか他の店でも食べられるようになった、とするもの。自著でこの説を紹介した楳垣は「面白いが作り話に違いない」とこれを退けている[5]

発祥[編集]

上野精養軒のハヤシライス

発祥に関しても諸説あり定かではない。丸善以外にも複数の店がハヤシライスの元祖を名乗っている。

ハッシュドビーフ説
イギリス・アメリカの古い料理書に、Hashed beefと命名された牛肉の薄切りを煮込んだ料理が掲載されていることから、これが日本に伝わったものがライスと合わさってできたとする説。
1881年にアメリカ合衆国で発行された家事のガイドブック『Household Cyclopedia英語版』には、"Hashed Beef, Plain"という、牛肉の薄切りとたまねぎアンチョビーソース、マッシュルームケチャップおよび肉汁のスープで煮込むレシピが掲載されている[9][10]。1888年には、『軽便西洋料理法指南: 実地応用一名・西洋料理早学び』(マダーム・ブラン述 1888、洋食庖人〈松井鉉太郎〉著)に、「ハヤシビフ」という名の"Hashed Beef, Plain"に似たレシピの料理が掲載されている[11]。その後、1909年発行の『女道大鑑』(三八光商会編輯部 1909)、1912年発行の『洋食のおけいこ』(緑葉女史・述 1912)といった書籍に、「ハヤシビーフ」のレシピが掲載されている[12][13]
一方、1885年発行の『手軽西洋料理』(クララ・ホイットニー著)、1894年の『獨習西洋料理法』(バツクマスターほか著、八巻文三郎)、1907年の『家庭応用洋食五百種』(赤堀吉松、赤堀峰吉、赤堀菊子著、新橋堂書店)、1909年の『簡易西洋料理弐百種』(白井悦子著、弘道館)などの同時期の料理書には、『Beef Hash(ビーフハッシュ)』や『ハッシュビーフ』、『ビーフ、ハヤシ』などの名前で、牛肉と細かく切ったポテトを炒めて作るハッシュドポテト風の料理が紹介されており、この時代から類似の名称で全く違う料理が紹介され、混乱があったことを伺わせる[7]
早矢仕有的説
丸善創業者の早矢仕有的が考案した、肉と野菜のごった煮にご飯を添えたものが有名となってハヤシライスと称されるようになり、いつしかレストランのメニューにもなったとする説。早矢仕が友人たちに有り合わせの野菜類や肉類を煮込んだ料理を饗応したとも、横浜での勤務医時代に、病院の患者向けの栄養食として考案したとも、丸善に務める丁稚向けの夜食として考案したともされる[7]1935年発行の『季刊明治文化研究 第五輯』(明治文化研究会)に掲載された『早矢仕有的傳』(蛯原八郎著)ならびに1980年発行の『丸善百年史』にこの説が掲載されている[14]
ただし、『早矢仕有的傳』においては「話としては是は至極面白いが餘りに面白過ぎる嫌いがないでもない」と指摘し、有的の長男である早矢仕四郎の言葉として、明治初年以来に有的やその友人が通いつめた洋食屋である神田佐久間町の三河屋にて、明治20年(1887年)頃までハッシュ・ビーフが流行っており、この「ハッシュ・ビーフ」が「ハヤシ・ビーフ」にいつの間にか転訛したのだ、と述べられている。また、『丸善百年史』では、「これとライスと合せて称したものが、ハヤシライスの語源に違いない。しかし三河屋も有的が贔屓にした料理屋であるから、間接に関係があるといえば、いえないこともあるまい」と記載されている。
これに対し、早矢仕の子孫である丸家稔は、有的の孫である自身の母親が繰り返し語ったハヤシライスと有的の関係や、有的の勤務していた横浜では外国人居留地があり肉類が手に入りやすかったこと等の状況から、自身の医院で病院食として栄養失調患者に治療として食べさせたのが始まりに間違いないと反駁している[15]
もっとも、これらの資料には早矢仕有的が作った元々の「肉と野菜のごった煮」が、いかなるレシピの料理であったかは説明がなく、早矢仕有的とハヤシライスを直接結びつける資料も見つかっていない[7]。また、三河屋で流行ったという「ハッシュ・ビーフ」についても、肉汁のスープで煮込む系統の料理であったのか、ポテトを使う系統の料理であったのか不明である。なお、ドミグラスソースが日本に伝来したのは明治30年代(1897年以降)であり、有的が作った料理については醤油味噌の味つけだったのではないか、と丸善の広報担当者は推測しており、また「早矢仕ライス」の名で丸善のレストランで提供されたハヤシライスも、初期にはトマトベースであったと唱える説も聞かれる[16]
煉瓦亭説
銀座の老舗洋食店煉瓦亭三代目の木田明利は「日本橋丸善が元祖ではあるが、あれはチャプスイに近い」とし、ドミグラスソースのハヤシライスは自店が元祖であると語っている[17]
秋山徳蔵・上野精養軒説
宮内庁大膳課の料理人である渡辺誠は、食文化研究家の小菅桂子の著書において、宮内省大膳寮初代厨司長(戦後は宮内庁大膳課主厨長)であった秋山徳蔵が考案した宮内省版ハヤシライスが元祖であると主張した。秋山の料理は東欧料理のグヤーシュをベースとして創作されたもので[注 3]、これが上野精養軒のコックであった「林」に伝わり、「ハヤシライス」という名で世に広まったという説である。しかしながら、秋山徳蔵が宮内省に入省したのは1913年のことであり、それより前の1907年3月10日付の朝日新聞に、東京神田の岡島商店の『固形ハヤシライスの種』という商品の広告が既に掲載されていたことから、この説には信憑性がない[7][18]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ (柳瀬尚紀 1999, p. 123-128)では、数種類の国語辞典に記載されたハヤシライスの英語名を比較し、どれもバラバラで一定していないことを指摘している。また、『広辞苑』初版ではhashed rice(細切れにされた米)という明らかな和製英語が掲げられており、これが後の版ではHashed meat and riceというこなれた英語に変更されていることから、英語名に特に典拠があったわけではなく、改訂を進めるうちにより正しい英語に修正してしまったのではないか、と述べられている。
  2. ^ 古くは保元物語などに、切るという意味での使用例がある。標準語や京都弁などには残っていない言葉だが、秋田弁出雲弁などの方言にこの言葉が保存されている(→方言周圏論)。
  3. ^ 書籍『にっぽん洋食物語大全』(小菅桂子 1994)に、元宮内庁大膳課の料理人である渡辺誠が、ハヤシライスのルーツはグヤーシュであると自説を述べるくだりがある。これはドイツでは、「グラッシュ」と呼ばれる料理である。

出典[編集]

  1. ^ おすすめメニュー - 自由軒オフィシャルサイト
  2. ^ ハイシライスソース | はり重 - すき焼き・しゃぶしゃぶ・日本料理・洋食・精肉販売・通信販売
  3. ^ 【関西の洋食】新世界「グリル梵」のヘレカツサンド!創業から変わらぬ味で今も人気 | NewsWalker
  4. ^ 平川陽一 2003, p. 256.
  5. ^ a b 楳垣実 『日本外来語の研究』 青年通信社出版部、1944年、増補版、p161。NCID BN09546381
  6. ^ 高森直史 『帝国海軍料理物語 : 「肉じゃが」は海軍の料理だった』 光人社NF文庫〉、2010年8月、131頁。ISBN 9784769826521
  7. ^ a b c d e f g h ハヤシライスは謎と混乱の煮込み料理だった 「林」か「早矢仕」か「ハッシュド」か”. 2018年10月5日閲覧。
  8. ^ 平川陽一 2003, p. 257.
  9. ^ The Household Cyclopedia Archived 2013年3月28日, at the Wayback Machine.
  10. ^ Household Cyclopedia of 1881
  11. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション - 軽便西洋料理法指南 : 実地応用 一名・西洋料理早学び
  12. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション - 女道大鑑
  13. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション - 洋食のおけいこ : 来客御馳走
  14. ^ 「丸善百年史」と「早矢仕有的傳」”. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月6日閲覧。
  15. ^ ハヤシライスの名前の由来”. 2016年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月14日閲覧。
  16. ^ 菊地武顕『あのメニューが生まれた店』6p 平凡社
  17. ^ 森まゆみ 『明治・大正を食べ歩く』 PHP研究所2003年ISBN 978-4569632926
  18. ^ 澁川祐子 『ニッポン定番メニュー事始め』 彩流社、2013年、209頁。ISBN 978-4-7791-1934-7

参考文献[編集]

  • マダーム・ブラン述 『軽便西洋料理法指南 : 実地応用 一名・西洋料理早学び』 洋食庖人、久野木信善、東京、1888年11月、26-27頁。全国書誌番号:40069136info:ndljp/pid/849016/20
  • 三八光商会編輯部 『女道大鑑』 三八光商会、東京、1909年、70-71頁。全国書誌番号:40002643info:ndljp/pid/757230/40
  • 緑葉女史・述 『洋食のおけいこ : 来客御馳走』 和田文宝堂、東京、1912年全国書誌番号:40069136info:ndljp/pid/849148/10
  • 『丸善百年史 : 日本近代化のあゆみと共に』上巻、丸善株式会社、丸善、1980年NCID BN02034177
  • 『丸善百年史 : 日本近代化のあゆみと共に』下巻、丸善株式会社、丸善、1981年NCID BN02034177
  • 『丸善百年史 : 日本近代化のあゆみと共に』資料編、丸善株式会社、丸善、1981年NCID BN02034177
  • 小菅桂子 『にっぽん洋食物語大全』 講談社〈講談社+アルファ文庫〉、1994年10月ISBN 4062560658
  • 柳瀬尚紀 『広辞苑を読む』 文藝春秋〈文春新書, 081〉、1999年12月ISBN 4166600818
  • 『今さら誰にも聞けない500の常識』 平川陽一〈廣済堂文庫. ヒューマン文庫〉、2003年ISBN 4331653390

関連項目[編集]