海鮮丼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
海鮮丼

海鮮丼(かいせんどん)は、白飯または酢飯の上に 魚介類刺身などを盛りつけた丼もの料理。

戦後に誕生した新しい料理で、北海道東北など北日本から全国に広まった[1]

江戸前寿司におけるちらし寿司は、酢飯握り寿司用の種を飾り乗せした料理であるが、海鮮丼は、酢を加えない温かい白飯を台とすることが多い。

また寿司屋ではなく海産物中心の食堂海鮮料理店で出される料理であるため、ちらし寿司とは異なり寿司屋独特の仕事を施した種は用いられない。よく使用されるのはマグロホタテサーモンイカエビタコカニイクラウニなどの北日本で水揚げされる魚介類の新鮮な刺身である。

食べ方[編集]

丼飯なので特に作法はない。味付けされていない生魚が用いられている場合は、わさび醤油を全体にふりかけたり、手塩皿に取った醤油に種をその都度つけながら食べたりする。

主な種類[編集]

単体の食材
複数の食材
  • 海鮮丼 - 様々な具材を載せたもの。
  • ウニイクラ丼 - 生ウニとイクラを載せたもの。
  • 鮭イクラ丼(鮭親子丼) - 鮭の塩焼き(又は、ほぐし身)とイクラを載せたもの。
  • 巴丼 - ウニ・イクラ・ホタテを載せたもの。函館市が発祥とされる。
  • 三色丼 - 魚介三種を載せたもの。
  • 勝手丼 - 客のリクエストによる任意の魚介を載せたもの。釧路市が発祥とされる。
  • ばくだん丼 - マグロの赤身やトロに加え、生卵、納豆、オクラなどをのせたもの。具材は地方によって差異が見られる。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 秋田県男鹿市には「発祥の店」を謳うレストランがあったが、現在の宣伝文句は「当店名物」とかなりトーンダウンしている。

関連項目[編集]