トッポッキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トッポッキ
トッポッキ
各種表記
ハングル 떡볶이
漢字
発音 トッポッキ
ローマ字 tteokbokki(2000年式、英語表記)
ttŏk-pokki(MR式
テンプレートを表示

トッポッキ朝鮮語: 떡볶이)、またはトッポギとは、朝鮮半島トック)」を使用した韓国料理である。元来は炒め物の宮廷料理だが、庶民的な煮込み料理にアレンジしたものが広く普及している。日本語ではトッポギと表記される場合が多い。直訳すると「餅炒め」である。

概要[編集]

うるち米で作られた棒状の餅「カレットック(가래떡)」を主原料とし、コチュジャン砂糖を使って甘辛く煮混んだ料理。韓国の庶民料理として親しまれ、屋台の定番メニューとなっている。夜食や子供のおやつとしても食べられている。

歴史[編集]

元々は李朝宮廷の料理で、朝鮮醤油(カンジャン)で味をつけ、彩りよく野菜や肉と合わせる炒め物であった。

1953年、マ・ボンリム[1] という女性がジャージャー麺に落とした餅をヒントにコチュジャン味のトッポッキを開発した[2]。当初はコチュジャンを付けて食べるスタイルだったが[3]、練炭に代わりガスが普及した頃に、鍋で即席で作るスタイルも開発した[4]

リアカーでの露天商から始めたマ・ボンリム式トッポッキの評判に触発され、新堂洞に「トッポッキタウン」と呼ばれるほど専門店が次々に開業した [5]

「新堂洞トッポッキ」と呼ばれる鍋スタイルはソウルの名物にもなり、各地にも普及した。

その後、時代の変化とともに各店舗で若者向けのチーズトッポッキや激辛トッポッキ、観光客向けの宮廷トッポッキや海鮮トッポッキ、子供向けに甘口の炸醤トッポッキなどが提供されるようになった。

カップにお湯を注ぐだけ、または水を注いで電子レンジで加熱するだけで完成するインスタントタイプの製品も開発され広く普及している。

エピソード[編集]

釜山にはかつて、韓国産唐辛子で最も辛いチョンヤンコチュを使用し、すべての韓国料理の中でも2番目に辛いといわれるトッポッキの店「ソムンナンメウン(うわさの辛い)トッポッキ」があった[6][7]。ただしチョンヤンコチュ自体はスコヴィル値がそれほど高くなく、量の多さで辛さを増していた。

トッポッキのいろいろ[編集]


脚注[編集]

  1. ^ 90年代にヘチャンドルコチュジャンのCMに出演し「嫁も知らない 며느리도 몰라」のセリフで有名である。
  2. ^ 추억을 먹는 거리 신당동 떡볶이思い出を食べる街 新堂洞トッポッキ 天地日報 2017.01.13
  3. ^ 中区文化観光
  4. ^ "며느리도 몰라" 故마복림표 떡볶이 유래는?「嫁も知らない」故マ・ボンリム印トッポッキの由来は? 中央日報 2011.12.17
  5. ^ 1980年代に50軒以上あったトッポッキ専門店は2010年代には1/5にまで減少した。
    떡볶이 냄새 옅어진 신당동, 명물거리들이 사라진다トッポッキのにおい薄くなった新堂洞、名物街が消える 中央日報 2017.03.30
  6. ^ 釜山一、辛いといわれるトッポッキに挑戦!(釜山)釜山ナビ 2004-07-12
  7. ^ ザ・ベストハウス123の罰ゲームネタ 韓国の超激辛料理BEST3」(2007年5月16日放送)より