ミルヒライス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シナモンと砂糖を添えたミルヒライス

ミルヒライスドイツ語:Milchreis、デンマーク語:Risengrød、スウェーデン語:Risgrynsgröt)は、ドイツ北欧を中心にヨーロッパの広い範囲で食べられている料理の一種である。

牛乳で炊き、シナモンで香り付けをしたり、砂糖ジャムなどで甘くして食べる。ライスプディングの一種であり、温かい状態で食する。デザートではなく主食として食されるほか、トルテケーキの具に使われることもある。アゼルバイジャンのミルクピラフは、バターシャフランドライフルーツ、 砂糖で味付けをする。

材料の米には、加熱調理すると粘り気の出る短粒種が用いられる。そのため、料理だけではなく、短粒米(ジャポニカ米)そのものを指す言葉としても、ミルヒライスの名称が使われることが多い。

温めた牛乳を注ぐと食べられるインスタントのものや、カップヨーグルトのような容器に入った商品も販売されている。

関連項目[編集]