ナム・ヤオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ナム・ヤオ
Khanom chin nam ngiao supoe.jpg
カノム・ジーンのナム・ヤオ。
種類 スープ麺英語版
発祥地 タイ王国ミャンマーなど
地域 タイ北部シャン州
提供時温度 ホット
主な材料 麺、牛肉または豚肉トマト
テンプレートを表示
数種類の麺が入ったナム・ヤオ。タイ、テーサバーンナコーン・チエンラーイ英語版

ナム・ヤオ、またはナム・ニャオナムギャオタイ語: น้ำเงี้ยว, 発音 [ná(ː)m ŋía̯w]またはタイ語: น้ำงิ้ว, 発音 [ná(ː)m ŋíw])は東南アジア、主にタイ王国北部地域麺料理である。ミャンマーの北東地域、中国南西地域の雲南省、タイ北部の主にメーホンソーン県に暮らすシャン族の料理で、ゲーン(いわゆるタイカレー)を伴うヌードル・スープ英語版となっている。一般的にはこの料理はタイの北部料理として知られており[1]香辛料の効いたぴりりと辛い風味がナム・ヤオの特徴となる[2]

材料[編集]

ナム・ヤオに使われる麺としてはカノム・ジーン(細麺、数日間発酵させたライスヌードル)が一般的である。また、クァイティオ(平たい麺、ライスヌードル)やその他の麺が使われることもある。牛肉豚肉がメインの食材となり、ルアッ(タイ語: เลือด)と呼ばれるあるいはの塊(ブラッドソーセージ)が用いられる場合もある。トマトが料理に酸味を与え、そこにカリカリに炒めたトウガラシニンニクが加えられる[3]。アクセントとしてタイ北部で良く用いられるトゥア・ナオ(味噌のようなもの)が加えられたり、あるいはその代用としてシュリンプペーストが用いられる場合もある。ナム・ヤオにはしばしば口直しのケップ・ムー(แคบหฺมู、豚の皮を揚げたもの)が添えられる。

「ナム・ヤオ」(あるいはナム・ニャオ)という名称の由来には2つの説がある。1つはタイ語でキワタを意味する「ニ゛ョ」(タイ語: งิ้ว)に由来するというもの。乾燥させたキワタの花の芯は調味料としてよくスープに使われる。もう1つ由来とされている語は「ニ゛ャオ」であり、これはタイ北部においてシャン人に対して使われる蔑称である[4][3]

ナム・ヤオはもともとはシャン州の料理であるが[5]、シャン州のみならずプレー県などタイ北部では一般的な料理となっている。またラーンナー地域では縁起物とされ、しばしば宴会や祝いの席で提供される[6]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]